173cm Hカップグラマラスボディで革命起こすか?藤堂さやかの絶品なカラダ

グラビア 公開日:2018/12/23 72
この記事を
クリップ

癒し系の優しいオーラを纏った上品な語り口と笑顔からは想像できない、発育中の91cm美巨乳と173cmの高身長から繰り出すスラリと伸びた美脚で、デビューDVD『ミルキー・グラマー』がからいきなり大注目された藤堂さやか。

12月20日は早くも2ndイメージとなるDVD&Blu-ray『グラマラス革命』(イーネット・フロンティア)をリリース。その記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




「よろしくおねがいしまーす!」と黄色のビキニ姿で満面の笑顔を湛え登場した藤堂。その美巨乳は1stDVD時のFカップから2サイズアップのHカップとなり、ますますグラマラスなボディが冴えわたる。「ファーストのときからその大きさはどう見てもFカップじゃないだろうというお声をいただきまして、測りましたらHカップということになりました。嘘くさいとか思わないでくださいね!」とにっこり。

7月に沖縄ロケを敢行。「野球のエージェントという設定で、選手を支えて行き、やがて恋に発展するというストーリーになっています。最初はスーツ姿で真面目に面接とかしています」と大好きな野球にまつわる設定で上機嫌の藤堂にセクシーなシーンを聞いてみると、「まだ2作目なので、やっぱり、ハイレグとかってなかなか慣れなくって…。ジャケットの岩場のシーンで着た青い水着なんかは着るとき恥ずかしかったですねー。かっこいいって言っていただくことが多いのですが、恥ずかしいです」と頬を赤らめて照れ笑いした。

大のジャイアンツファンで、特に来シーズンライオンズに移籍した内海投手に長年お熱だそうで、「今日の水着もジャイアンツカラーにしようと思ったのですが見当たらなくって、思いを込めてせめて近い色ということで黄色なんです」と声を弾ませた。最愛なる内海投手の応援については「いや、ちょっと2日寝込んで考えたんですけど(笑)、一応巨人ファン20何年やってきているので、メットライフドームで先発のときだけは、中に今日の水着を仕込んで行きたいと思います!」と変わらぬ”ジャイアンツ愛”も、意中の人への応援も忘れず熱弁した。

残念ながらFカップからHカップへと成長し、切望の”G(ジャイアンツ)”カップを通り越してしまったが、2018年のグラドルトレンドといわれ、最近特に群雄割拠の様相となっている”高身長グラマラスボディ”にまさに”革命”を起こすべく現れたゴールデンルーキー藤堂さやか。むっちりしているけどぽっちゃりじゃない、絶妙なバランスのメリハリボディと、何と言っても初々しいほんわか空気の、なんでも許してくれそうな”優しいおねえさん”な風貌とダイナミックなボディのギャップは、2019年最も注目したい4番候補筆頭だろう。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 50件)

関連タグ