”むちむちの女神” 筧美和子、完全新撮「恋人のような距離感」

グラビア 公開日:2018/12/18 51
この記事を
クリップ

12月18日(火)発売の「週刊FLASH」(光文社)では、”むちむちの女神”筧美和子の完全新撮、表紙+16ページの大容量で送る。

今回の撮影は本人と打ち合わせを何度も重ねた力作。テーマは「恋人のような距離感」だ。




「幸せな瞬間の中で儚さやせつなさを表現できたらと思って」とコメント。すっぴん姿のままパジャマで寝転んだり、温泉旅行で浴衣がはだけたり。筧美和子と恋人気分になれる、充実の16p構成となっている。

本年は女優業に精を出し、映画『犬猿』で第43回報知映画賞の助演女優賞にノミネート。飛躍の1年となった筧美和子が、完全新撮でFLASHを締めくくる。インタビューでは、劇中で「胸だけで、ほかになんの取柄もない」と言われるシーンがあり、自身も言われたことがあったコンプレックスについても赤裸々に語っている。

 ⓒ中村和孝


<雑誌情報>

週刊FLASH 

12月18日(火)発売 

価格450円

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ