大人気レイヤーえなこが探偵コスチューム「ケープの下は際どい水着」S字ラインが眩しい

グラビア 公開日:2018/12/17 99
この記事を
クリップ
}/

12月13日発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙&巻頭グラビアに、コスプレイヤーとして大活躍のえなこが登場した。この表紙を記念したイベントが、秋葉原・ソフマップアミューズメント館で2部制で開催され、どちらも整理券が即完するほどの人気ぶりとなった。

1部と2部の間に設けられた囲み取材に応じたえなこは、雑誌内でも登場する探偵コスチュームでで登場。ケープの下は際どいビキニというセクシースタイルで華麗なポージングをみせた。期待のケープの下は、イベントに来てくれたファンへのサービスということで、ヴェールに包まれたままだったが、細くて薄い、綺麗なくびれラインで取材陣を釘付けにした。




「ヤンジャン」のには7回登場、うち6回は表紙というえなこ。「私もどの写真がぎりぎりでないと分からないのでドキドキしていたんですが、男性ウケしやすい衣装がナースだったのかなあと思って。納得って感じです」とにっこり。

今回は名探偵に扮し、超絶エロかわコスで、あんなポーズやこんなポーズを魅せているが、ほかにも、表紙のナース、エアロビ講師、地下アイドル、レディースの”4人の容疑者”のコスプレも披露している。なかでもお気に入りは「悩むんですが、今までやったことのないテイストで言うと、エアロビやレディースですね。こういうタイプのキャラクターな普段なかなかやることがないので、楽しかったです」と紹介すると、記者から「布面積が小さくなってないですか?」とツッコみが。えなこはけろりと「私はそんなに自覚はなかったんですけど、今号で初めて写真集発売の発表をしたので、気合が入ったのかもしれないです」と写真集に向けて並々ならぬ気合をみせたが、そんな初写真集について「コスプレイヤーとして、オフィシャルの写真集を出すのは、すごく夢だったので、作品へのリスペクトは忘れずに、たくさんのかたに楽しんでいただけるといいなと思ってます」とアピールした。

まもなく迎える2019年について「私はコスプレイヤーなので、コスプレのお仕事はもちろんなのですが、去年からやりたいお仕事がありまして、始球式をぜひ、地元のナゴヤドームでやりたいんです。来年こそは実現させたいなと思っています。その時はもちろんドアラのコスプレで!」と張り切った。

今年も冬のコミックマーケットに参加するえなこ。「今回もまた新しく始める試みがあるので、期待してほしいです!」と、2018年最後のお楽しみということなので、是非12月29日(土)~31日(月)は東京ビックサイトへ集合だ。


関連タグ