HKT48豊永阿紀、猫コスでちょっぴりセクシーな ”とよにゃが” に変身

グラビア 公開日:2018/11/28 19
この記事を
クリップ
}/

いま最も輝いている美女をクローズアップするムック「PlatinumFLASH プラチナフラッシュ vol.7」(11月26日発売・光文社)では、HKT48豊永阿紀の最新グラビアが登場している。

愛しの猫と戯れて、気づくと猫になっていたとあるアイドルの日常を切り取った、キュートなグラビア。愛猫・じゃらんとの思い出エピソードから、ショートカットにした理由、さらに19歳を迎えたいまの思い描く今後の展望などを直撃した。




ー猫になりきっていましたね(笑)

すごく楽しかったです、19歳にして猫じゃらしで遊ぶなんて(笑)。ふだんから寝顔とか猫っぽいって言われることがあるんですけど、猫好きの方って本当に猫っぽくなってくるらしいので、しっかりやりきれたと思います。

ー自分で似てると思う部分はある?

すぐ寝るところです。どこでも寝ます。暖かいところを見つけるのが好きで。あとは隅っこ好きなところ。車とかいちばん後ろの端っこがすごく好きで、寄っかかって寝てます。

ー豊永さんといえば愛猫のじゃらんちゃんもファンに人気ですが、思い出のエピソードはありますか?

じゃらんちゃんはもともと地域猫だったんです。でも初めておうちに来たときから、窓の外から手を突っ込んでくる人懐っこいコで。私が中学校2年生だったから、もう5年くらい一緒ですね。学校帰りの並木道にいつもいるんですよ。でも私が帰ってきたからってべつに歓迎するわけでもなく、散歩をしてただけだから、私を見つけると興奮して街路樹にばばばばって登って降りられなくなっちゃうんです。そのたびに毎回「何しようと?帰るよ」って声をかけて一緒に帰ってました。


その他のグラビア・インタビューの全貌は「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.7」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧