川崎あや「ミスFLASHから2年 ついに表紙になって帰ってきました!」歓喜のハイレグ

グラビア 公開日:2018/11/13 137
この記事を
クリップ
}/

可憐な笑顔に極上くびれ、ぷりっと上向き美ヒップで、いまいちばん観たいグラビアアイドル川崎あやが、11月13日発売の「週刊FLASH」初めての表紙を飾った。

数々の青年コミック誌、週刊誌の表紙に抜擢され、川崎が表紙になると売れ行きも伸びると話題となっている。  「ミスFLASH 2016」の栄冠に輝き、2年で念願の単独表紙に抜擢され喜びもひとしおの川崎。今回も”ハイレグ天使”の称号にふさわしい、超ハイレグ姿を披露。正統派の白ビキニ”但しハイレグ”はもちろん、斜め上行くレオタードナースや、包帯のみの大胆コスプレグラビアと、”自宅でイチャイチャ”ショットは袋とじ魅せる。




―週刊「FLASH」初表紙を飾られたとのことですが、感想をお教えください。

嬉しいです!ミスFLASH2016を受賞させていただいてから2年。やっと帰って来れた!という気持ちです。受賞した当時、FLASHを盛り上げて行こうと受賞した3人で話していたのを思い出します。それから2年も掛かってしまいましたが、こうして戻ってくることができて嬉しいです。


―そして最近、他雑誌でも見かける機会が増えた川崎あやさんですが、そのチャンスを得ることができたきっかけは?

日々のSNSの更新とファンの皆さんと交流出来る撮影イベントだと思います。SNSの更新で自分の事を知らない方に知ってもらって撮影でファンの方と「次はこんなお仕事がしたいね」とよく話しました。その度に皆さんが献身的に力を貸してくれて今に繋がったと思います。


―川崎さんの武器と言えば、美しいくびれだと思いますが編集側に褒められたことで印象に残っている言葉などがあればお教えください。

色々ありますが、「この衣装はあやちゃんにしか似合わない」と言われた事があって、それは嬉しかったですね。ウエストに比べてお尻が大きい所にもともとコンプレックスがあったのですが、でも「そのスタイルだからいいんだよ」と言ってもらえたので、「あ、これでいいんだ」と思えました!


―最近では“ハイレグ天使”というキャッチフレーズでも親しまれている川崎さんですが、ハイレグ衣装を身につけるときに心がけていることをお教えください。

ポージングはハイレグを隠さないように気を付けています。脚を曲げ過ぎてしまうとハイレグが見えなくなってしまって勿体なかったりするので、独自のこだわりが強いかもです!


―「これをしていたから今のスタイルになったのでは?」とスタイルについて思い当たることがあれば教えてください。

もともとそんなにウエストにお肉は付かない体質だと思うんですけど、このお仕事を始めてから4cmくらいウエストも落ちたので、撮影でグラビアポーズを取ってるうちにそうなったのかなぁ?と思います。グラビアポーズって意外と力や体幹も必要ですし普段使わないところを使うので撮影の後はいつも筋肉痛になっていたので!今考えると撮影がいい筋トレになっていたんじゃないかなと思います。


―最近の印象に残ってる活動、またこれから挑戦したいことをお教えください。

今年はたくさんの雑誌へ出させて頂いたのはもちろん、新たな試みとしてZATUONという原宿にあるファッションブランドとコラボしたTシャツが販売され、そして渋谷中の街頭テレビジョンにハイレグをモチーフにした告知動画が流れたりと普段出来ないような経験をさせて頂きそれが印象深かったです。また、これからはまだ出れてない雑誌の表紙を飾りたいですし、一度出させていただいた雑誌にもまたおかわりして欲しいです!


―読者に向けてメッセージをお願い致します

ミスFLASHから2年、ついに表紙になって帰ってくる事が出来ました!2年前のあの頃よりももっとポージングや表情も良くなってるはず!そうでないと困る!成長した川崎あやを皆さんの目でもぜひ確かめてください!!






ⓒ岡本武志/FLASH

この記事の画像一覧

関連タグ