「天使過ぎる劇団員」の“ふにゃエロ”グラビアが話題に

グラビア 公開日:2018/11/07 46
この記事を
クリップ

秋元康氏がプロデュースする「劇団4ドル50セント」に所属する女優の福島雪菜が、6日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)の表紙に登場。透き通るような美貌でグラビアでも活躍する色白美女が、“ふにゃエロ”グラビアで大人の魅力を見せつけた。




同劇団は、秋元康氏プロデュースの新劇団。応募数約5000名からオーディションによって絞られたメンバーによる演劇を中心とした総合エンタテインメント集団で、劇団員からの派生メンバーによる音楽活動やドラマ・映画・モデル・バラエティなど多彩な個人活動をしている。今年2月に旗揚げされた。

そんな劇団の中心メンバーの福島は、小学生からモデルをはじめ、2010年から12年まで「ニコ☆プチ」では2度も表紙を飾るなど、以前から注目を集めていた。

初グラビアとなった「週刊ヤングマガジン」でいきなり表紙を飾る衝撃のデビューを果たし、ソロ活動も充実させている。その色白の美貌から「天使過ぎる劇団員」として話題になっていた。

劇団4ドル50セント」は11月22日から12月2日まで、第2回本公演「ピエロになりたい」を有楽町のオルタナティブシアターにて開催する。