グラドル豪華競演 in 大磯、奇跡の夏日にセクシー水着絢爛

グラビア 公開日:2018/10/07 116
この記事を
クリップ
}/

「ヤングチャンピオン」創刊30周年記念、またグラビアモデルの事務所「リップ」創立20周年として、”アイドルの聖地”大磯ロングビーチに、アイドル&グラドルが大集合するイベント「OISOアイドルビーチ2018」 2日目。この日は前日を凌ぐ季節外れの夏日となり、10月とは思えないジリジリした陽射しの中、人気グラドルたちがビーチに集結。汗ばむ肌がよりセクシーさに磨きを掛けた。

7日は、朝比奈祐未、こむぎ、桜りん、椎名香奈江篠崎こころ、トロたん、仲村美海菜乃花、陽菜菜々羽、深井彩夏、藤田恵名堀尾実咲☆HOSHINO森咲智美が登場。またsherbetから犬童美乃梨や、ヤンチャン学園音楽部から河路由希子らも撮影会に参加した。




”いちばん脱げるシンガーソングライター”というキャッチコピーでメディアにも出演、「アウト×デラックス」(フジテレビ)でのマツコのアドバイスに号泣し話題を呼び、6月に発表した新曲『言えない事は歌の中』 も好調なエナメルこと藤田が久々の撮影会参加ということで、たくさんのファンが詰めかけ、熱心にポージングを支持したりして、エナメルのビキニ姿を懸命にカメラに収めていた。藤田もケラケラ笑いながら泳いでみたり、大胆な寝ポーズでサービスした。ファンとのコミュニケーションといえば森咲。「どんなポーズが良いですか?足掛けた方がいいかな?」とポージングのリクエストを積極的に募り、鼻血が出そうなエロいポーズと威力を増したGカップで悩殺していた。

メンバー中圧倒的な色気で悩殺したのは朝比奈。1st写真集『アサヒナ画報』 で魅せたとびっきりのエロスを大磯のプールで再現。ありえない角度のハイレグと、ニックネームにもなっている”ひなけつ”を思う存分楽しませてくれた。

今回はアイドルユニット枠で登場した犬童も、日夜鍛えたプレシャスボディを笑顔で魅せ付け、先ごろ”団地妻”に挑戦したイメージDVDを発売した堀尾も、レースクイーンで鍛えたボディと、コミュニケーションで気さくに話しをしながら撮影会を盛り上げた。また金髪に萌えメガネ、白衣にランジェリー風ビキニと悩殺要素満載の篠崎も根強い人気を見せ、イマドキ女子大生☆HOSHINO、桜りん、こむぎなどにも大勢のカメラの輪ができていた。

Iカップフィギュア体系のカープ女子菜乃花と、”パイアート”が話題を呼んでいる椎名香奈江が隣同士に。2人は同じ事務所とあって、撮影会後半では、ペアでの撮影に急遽変更。お互いバストを触り合い「やわらけえ!」「全身おっぱい」などじゃれ合ったり、抱き合ったり、2人用のグラビアポーズの技を見せてくれたり、思わぬ2ショット共演にいつのまにか何重にも人垣ができ大いに盛り上がった。

台風が毎週のようにやってくる不安定な今年の秋にあって、この2か日間だけ夏日となった「OISOアイドルビーチ2018」は、まさに奇跡。よっぽど強力な晴れ女がいたに違いない。やっぱり水着の撮影には青空とギラギラ太陽が似合う。