“ドール系美少女”真島なおみ、その可愛さに思わず通行人も…

グラビア 公開日:2018/10/04 54
この記事を
クリップ
}/

今年6月にグラビアデビューし、その後フジテレビONE「鎧美女」出演や、サンスポGoGoクイーンの最終候補に残るなどグラビア界で旋風を巻き起こしている真島なおみ。今回、真島が人気青年漫画誌「週刊ヤングジャンプ」の表紙に大抜擢されることになった。

真島なおみは、今年6月にヤングジャンプでグラビアデビュー。その後も数多くのグラビア作品に出演し、舞台、テレビなどで活躍。さらにはイメージDVDを発売するなど目覚ましい活躍を遂げている。そして、今回、グラビアデビューからわずか3ヶ月にして、ヤングジャンプの表紙を飾ることとなった。

今回の表紙は、ロシアで撮影。真島が身長170cmを越えるヨーロッパのモデルのような抜群のスタイルのため、編集部やカメラマンも日本的な現実感ではなく、少しメルヘンな非現実感、異国感のある場所で彼女を撮りたいと思いを実現した。




そして、そのコンセプトは、グラビア×ドール系美少女で“グラドール”。彼女に色々なタイプの衣装を着て、その役を演じてもらうことになった。街中でセクシーな衣装での撮影も行われ、彼女のかわいさに、思わず通行人の方も目を奪われるほど。

真島も「今回の撮影は、すっぴんカットもあれば、思い切りメイクして可愛い衣装からカッコいい系の衣装まですごく振り幅が大きかったです。撮影を通して色んな自分になれて本当に楽しかったです」と喜びに溢れている。さらに、街頭での撮影については、「本当にオシャレで綺麗な街並みのロシアに今回行けてよかったです」と、ロシアでのロケに興奮を隠しきれない様子。

撮影を終えて、編集担当も「真島さんのキュートさとクールさ、そしてセクシーさが詰まった“グラドール”グラビア、男女問わず楽しんでいただけると思います」と会心の手応えもあり、自信を深めている。

そして、真島に今後のグラビアでの野望を聞いてみると、「誰かに求めていただけるうちはグラビアを続けていきたいと思います!もともとは歌やお芝居をしているので、これからも並行して活動して行けたらなぁと思います!」と今後はグラビアだけでなく幅広いフィールドでの活躍を誓った。

真島なおみの週刊ヤングジャンプ44特大号は本日発売。

この記事の画像一覧

関連タグ