RaMu、まさかのプロレス志願 覆面レスラーで宣戦布告!?

グラビア 公開日:2018/09/17 24
この記事を
クリップ
}/

148センチのミニマムボディに90センチのHカップの迫力バストが魅力のRaMuが、8枚目となるDVD&Blu-ray『ラムチョップ』(ラインコミュニケーションズ)を発売。記念イベントが、秋葉原・ソフマップで行われた。

6月にタイのプーケットで撮影された今作は、ちょっぴりセクシーな衣装で教え子を応援する元気いっぱいの家庭教師に扮している。その内容は、「生徒と思いきや先生を演じています。その中で自分の夢を語ったりして、妄想を繰り広げています。観てくれる人にいろいろと想像してもらえるような内容になっています」と説明。オススメのシーンについては、「オイルを塗って金色のビキニを着ているシーンで、お昼のシーンと夜のシーンがありまして、昼と夜も違ってすごくカッコいいシーンになっていて、ポールダンサーをイメージしてカッコよくセクシーを意識してみました」と紹介した。




家庭教師という設定だが、今作はRaMuの妄想がメインとなっているようで、その妄想の中でも衝撃的だったシーンがあるという。「プロレスをやるシーンがありまして、まさかの低評価なんです。プロレスのシーンが唐突に始まりまして、覆面を被った私が出てくるんですよ。卍固めとかコブラツイストとか技をかけていて、衣装もこだわってカッコいいのにしたんですけどね。生粋のグラビア好きの人はこれを観て”わーっ”ってなって引いちゃって、私を本当に好きでいてくれる人は面白かったって言ってくれるんですけどね」と思わぬ賛否両論に少々戸惑う表情も。

しかし本人はDVDの評価よりプロレスに大きなこだわりを持っており、「グラビアが好きではない人にも観てくれるようにと思っています。プロレスの試合もいつかやってみたいですし、その時は覆面で入場してリングに上がったら脱ぐパフォーマンスとかいいですよね。戦ってみたいのはDDTプロレスの男色ディーノ選手です。正統派から外れちゃっていますけど、いつか試合をしたいです」とまさかのプロレスデビューをアピールした。

関連タグ