野々宮ミカ、私物の”目隠し”持参で妄想を掻き立てる「ただただ美人でした」

グラビア 公開日:2018/09/17 44
この記事を
クリップ

体100点・顔0点・グラビア界の50点こと野々宮ミカが、1年半振りとなる9枚目のDVD『文豪セクレタリー』(ギルド)を発売。記念イベントが、秋葉原・ソフマップで行われた。

囲み取材では、最近の野々宮の定番でもある豹柄のビキニで登場。「私といえばこの水着というふうにしたくて最近はずっと着ています。グラビア界の50点じゃなくて、女豹と言われるように着てきました」と抜群のスタイルを見せ付けた。




今作は『文豪セクレタリー』という難しいタイトルが付いているが、「セクレタリーとは秘書という意味で、私が文豪の秘書をやっています。そこで文豪の先生が妄想を働かせるように、私がいろんなことをやっていまして、普通のDVDとは違って、かなり凝ったストーリーになっています。畳のシーンやインクや原稿用紙なども出てくる古風な雰囲気も楽しめる内容になっています」と説明。妄想の中にはセクシーなシーンが満載で、その中でもオススメのシーンを聞いてみると「今回はDVDの撮影に初めて私物を持ち込みました。その私物とは目隠しです。どうしてもしたかったんですよ。私って目隠しが似合う顔だと自分でも思っていまして、体は100点で顔は0点なので、目だけを隠したらどうなるんだろうと考えたんですよ(笑)。赤いセクシーな下着っぽい衣装を着て目隠しをしてみました。先生がしっかりこれで妄想を働かせてもらえたんじゃないかと思います」と語った。実際に目隠しをした顔を確認してみた感想を聞いてみると「ただただ美人でした」とご満悦の様子。「パーツのひとつひとつはキレイだと思うんですけど、全部が合わさるとダメな顔なんだと思います」と自虐した。

1年振りのDVD発売となったが、「久々で緊張しましたけど、皆さんに観ていただきたいです。ただ撮影の初日に高熱を出してしまって、初日の撮影を覚えていないんですよ。本能で撮らせてもらった感じです。よくお酒を飲んで覚えていないよというような感覚です」と明かした。

最後に”近日中に重大発表がある”とほのめかした野々宮。いったいどんな知らせとなるのか?

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ