妖艶な”団地妻”に挑戦 堀尾実咲、絶品スタイルと恍惚の表情に熱視線

グラビア 公開日:2018/09/03 57
この記事を
クリップ

エヴァンゲリオンレーシング2015マリ役を経て、2016年の「日本レースクイーン大賞 2016新人部門」 準グランプリに輝き、洗練されたフェイスと、完璧ボディで人気を博す堀尾実咲が、3枚目となるDVD『団地妻~鍵穴の向こう側~』(リバプール)を発売。記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。

イベント前の囲み取材に応じた堀尾は、RQで成らしたすらっと伸びやかな美脚と、柔らかそうなバスト、白い肌が映える、ファンからのバースデープレゼントだという白と黒の変形水着で登壇。深く切れ込む胸元から覗く谷間と、こちらもV字に切れ込むハイレグという攻め攻めの水着で取材陣を翻弄。さすが堀尾を知り尽くしたファンが選んだ水着で、一層魅力を振り撒いた。




「タイトルから想像して、アダルトビデオかな?とファンの方にもよく言われるのですが、あくまでイメージDVDです」と笑顔を見せた堀尾。「旦那さんとあまりうまくいってない団地妻がちょっと弾けちゃって、元彼だったり管理人さんだったりと危険な恋を描いています」と禁断のストーリーを紹介した堀尾だが、本格演技は初めての経験だそうで、「今まで”笑顔で海辺を走ったり”というのは経験があるのですが、演技が得意ではないので、監督さんに怒られて、何度もNGを出しながら頑張りました。そのおかげでどのシーンも表情豊かになって自分で観たことのない自分が発見できました」と初のストーリーものに悪戦苦闘するも収穫も大きかったようだ。

期待が高まる一番セクシーなシーンを聞いてみると「元彼との再会があって、自宅にやってくるシーンがあるのですが、自宅の寝室で責められている表情がまあ、エロいんじゃないかと(笑)。後ろめたさもあり、求めている自分もありという狭間の気持ちが出ていると思います。監督さんからもアドバイスいただいて、試行錯誤して頑張ったシーンですね。グラビア経験のスタイルと演技両方いい感じに仕上がって、まさに”鍵穴の向こう側”というエロい映像です♡」と期待を裏切らない背徳感満載のエロシーンを挙げた。

普段はキャピ系のキャラクターで、エッチな”団地妻”のイメージとは真逆だという堀尾だが、「年齢も年齢ですし、団地妻のような妖艶なオンナを目指していきたいと思います」と笑顔を見せた。25歳となり、可愛さを残しつつも落ち着いた佇まいは、十分妖艶で色気もたっぷりと言ったところだが、さらにエロいオンナに変貌を遂げるなら、大いに期待するところだ。

この記事の画像一覧 (全 31件)

関連タグ