ド迫力"ガイアナボディ"牧野紗弓、Gジャンの下のEカップが無防備に

グラビア 公開日:2018/07/21 48
この記事を
クリップ

ガイアナと日本のハーフ美女、牧野紗弓。現在はフジテレビ系『アウト×デラックス』でカウンターガール候補生として出演しているほか、中京テレビ『淳のスター発掘大作戦!!』でレギュラー出演しているなど、お茶の間を沸かせている。

昨年5月にリリースした1stDVD『初めまして、ガイアナから来ました。』がグラビア初作品。上からB86・W58・H85(cm)という圧倒的なスタイルとEカップバストを露わにし、グラドルファンのハートを射止めた。その彼女が、1stDVD以来、約1年振りとなるDVD&Blu-ray『舞い降りた天使』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。その発売記念イベントが21日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、多くの報道陣を前にして自慢の"ガイアナボディ"を披露した。





「今日の水着は『舞い降りた天使』に合わせてパレオを着てきました。漂流する前の私ということで(笑)」とファッション解説してくれた牧野。黒のビキニから溢れ出そうな86cmのバストが目立ち、Eカップ以上はありそうな迫力の膨らみだった。

そんな彼女の最新作は、4月に沖縄で撮影されたもの。「今回は私がストーリーを考えました。海外にいる親と離れて船に乗り、世界一周しようと思ったら嵐に遭って漂流先の沖縄で少年と出会います。その少年と恋に落ち、恋愛に発展するという物語となっています」とストーリーを紹介してくれた。

漂流先の少年と恋愛が繰り広げていく中、お気に入りを「洗車のシーン」と挙げた牧野。その理由を「私は他のグラビアアイドルさんのDVDをよく見ているんですが、洗車のシーンにすごく憧れているんです。その憧れのシーンが、2ndDVDでようやく実現しました!念願が叶いましたよ!」と思い出に残ったシーンだという。全体的には「ピュアな恋愛を楽しんでいる感じです」といい、1stDVDの発売イベントの時に語っていた「言葉で責められたり拘束されたいんです!」というシーンは「残念ながらありませんでした(笑)」と残念がるも、「漂流した後にお風呂を借りるんですが、着替えの洋服がないので少年の服を借りました。フロントが空いているGジャンなんですが、もちろんノーブラですよ(笑)」と牧野の無防備なEカップバストが堪能できるシーンが同DVDの見どころだ。

漂流先で出会った少年と恋に落ちるという今回のストーリー。実際の恋愛は「もっと漂流しないとイケないですね(笑)」と出会いがないと残念がり、趣味の一人旅でもある神社巡りでは「全然出会いがないですよ~!出会いがあればいいんですけど…」と寂しがる場面も。その牧野は、今年の夏休みに「九州の神社とか巡ってみたいですね」と願望を語り、「私の本籍は宮崎なんです。今年の夏は宮崎のおばあちゃんの家に泊まって九州の神社を巡るかも。九州に来て頂けたら、私に会えるかもしれませんよ(笑)」と世の男性にアピールしていた。

この記事の画像一覧 (全 21件)

関連タグ