創刊52年で初「週プレ 丸ごと一冊、吉岡里帆号」正真正銘の永久保存版

グラビア 公開日:2018/07/14 39
この記事を
クリップ

7月14日発売の「週刊プレイボーイ31号」(集英社)は、「吉岡里帆と週刊プレイボーイの1501日間」と題し、人気絶頂の女優、吉岡里帆のグラビア、読み物を全80ページ+DVDという、週刊誌としては空前絶後のボリュームでお届けする。表紙から裏表紙まで、グラビアページをすべて、ひとりのタレントがジャックするのは創刊52年の歴史の中でも初めて。正真正銘の永久保存版となる。

吉岡里帆が初めて「週刊プレイボーイ」に登場したのは、現在の事務所に所属してまだ間もない2014年7月。初々しい水着姿は頭のてっぺんからつま先まで緊張でいっぱいだったが、同時に、強い眼差しと見る者を引き込むような不思議な雰囲気をまとっていたことが印象的だった。

その後、彼女が一歩一歩、人気女優の階段を昇っていったのは誰もが知るところだが、その間も、初登場から数えて9度にわたって「週プレ」のグラビアに登場。たった5ページのグラビアから始まった彼女の飛躍を、読者も編集部もずっと追いかけてきた。そして今月20日、ついに初の写真集『so long』が発売。それを記念して、今回の「週プレ 丸ごと一冊、吉岡号!」の発売となった。




①超プレミアム付録 吉岡里帆DVD(22分)

7月20日発売の『吉岡里帆写真集 so long』の、9日間にわたるロケに密着。オーストラリアの美しい風景と、自然体かつさまざまな彼女の表情が収められており、まるで一緒にオーストラリアを旅しているような気分に。「これをただの付録にしていいのか?」と編集部でも物議を醸した、吉岡里帆史上最初で最後になるであろうオリジナルDVD、まさに永久保存版。


②巻頭&センターグラビア(表紙+カラー32ページ)

よい写真が多すぎて写真集は当初告知の144ページから16ページ増えて160ページに。しかしそこにも入りきらず、でも「週プレ」の読者にはぜひ見ていただきたい未収録カットを、巻頭からセンターまでぶち抜きでお届け。


③写真集公式インスタグラム オフショット名場面集(カラー4ページ)

ロケの初日に開設以来、4万近くまでフォロワー数を伸ばした写真集公式インスタグラムから、特に好評を博したオフショット18点を掲載。「みんなで作ろう、吉岡号」を合言葉にフォロワーの皆さまから寄せられたコメントと併せて紹介。


④週プレバックナンバーで振り返る吉岡里帆(カラー16ページ)

週プレ初登場時のグラビア(2014年7月)以降の、選りすぐりの19カットを再録。週プレだから実現した、「グラビアで振り返る吉岡里帆の歴史」。こちらも永久保存版。


⑤主演ドラマ撮影現場ルポ(カラー4ページ)

火9ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系、7月17日21:00より初回放送)の現場に潜入。共演の遠藤憲一、井浦新らとの“ほっこりショット”も多数。


⑥吉岡里帆ロングインタビュー(モノクロ4P)

ロケの思い出、写真集制作に至った経緯、週刊プレイボーイとの1501日間。吉岡里帆が「今、伝えたいこと」。


⑦これまでの共演者ら9人が語る「私と吉岡里帆」(モノクロ7ページ)

ムロツヨシ、DAIGO、川栄李奈、大竹しのぶ、瀬戸朝香、清川あさみ(アーティスト)、出世作『あさが来た』脚本家、ドラマ『カルテット』プロデューサー、最新出演作の映画監督。ここまで歩んできた道で出会ったキーパーソンたちの言葉でひもとく、彼女の4年間。


⑧エキストラ時代から最新作まで、出演作品「本人による全解説」(モノクロ5ページ)

彼女の出演作の名場面を最新作から、エキストラ時代のものまでさかのぼって、すべて集めました。本人解説でひとつひとつ丁寧に振り返り。


⑨マニアックな「吉岡里帆50問50答」(モノクロ・欄外)

「透明人間になれるとしたらどこに行く?」「前世はなんだったと思う?」「いつもお財布にはいくらくらい持つ?」など、どうしてその質問をチョイスしたのかかなり不思議な50問50答。吉岡里帆のことをもっと知りたくないだろうか!?


⑩付録 ミニ写真集『写真集読本 吉岡里帆の旅 聖地巡礼』(カラー8ページ)

7月20日発売の『so long』のお供に。吉岡里帆の写真集を巡る旅、9日間・2603㎞の道中を解説した「写真集読本」です。この夏の旅行の参考にもなることうけあいです。読めばきっと、あなたも旅に出たくなる。


<写真集情報>

吉岡里帆写真集 so long

撮影/蓮井元彦

7月20日(金)発売

A4判変型・ソフトカバー・160ページ

定価:本体2000円+税 

集英社 週刊プレイボーイ特別編集

2014年6月に初撮影、7月に初掲載。まだデビュー間もない頃から『週刊プレイボーイ』が追い続けてきた旬の女優・吉岡里帆が、芸能活動5周年・25歳を迎えた区切りの年に放つ記念碑的写真集。

映画、ドラマの収録の合間を縫って9日間にわたる長期ロケを敢行。オーストラリアのメルボルンから砂漠の町アリス・スプリングスまで。1台のバスに乗って約2600㎞を駆け抜けたロードトリップを通じ、「今の吉岡里帆」に迫った。


<吉岡里帆コメント>

写真集を撮りに行くのではなくて、旅をしているありのままの姿を一冊にまとめる。それなら一番そのままの私が写っているはずだ、と。写真集は自分の名前で出すものなので、自分自身が一番そのままの自分でいられて、なおかつ見てくださった人にそばにいるように感じていただけるような、一緒に過ごしているような気持ちになってもらいたいという、そういう思いを込めて作りました。


ⓒ蓮井元彦/週刊プレイボーイ

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ