少女から大人へ、夢アド京佳のゆるふわボディーが全開

グラビア 公開日:2018/07/06 91
この記事を
クリップ

7人組アイドルグループ夢みるアドレセンスのメンバーで、あどけないキュートな笑顔と大きなバストから“プロフェッショナルロリ巨乳”との異名をとる京佳が、2ndデジタル写真集「夢みるイノセンス」を本日週刊現代(講談社)より配信開始した。

今年に入ってから、各誌でのグラビア露出の度に話題になり次期グラビアクイーンとの声も関係者から上がっている京佳は、2月に発売した1stデジタル写真集「Aikyouka!!!」(講談社)がFRIDAY2018年度デジタル写真集売上3位に入るなど絶好調。(1位大原優乃 2位武田玲奈)

今作は今までの可愛らしいあどけないアイドルの京佳から一転、スタイルにさらに磨きのかかったラインをふんだんに披露。週刊現代グラビアから配信されているに相応しい、まさに大人の表情を全面に打ち出した今までに無い京佳の表情とゆるふわボディー全開の豪華73P撮り下ろしとなっている。少女から大人へと急成長中の京佳、今しか見られないその貴重な姿を映したグラビアは必見だ。




夢アドは7月25日にニューシングル『メロンソーダ』をリリース。『メロンソーダ』は早耳の音楽ファンの間で話題の4ピースバンド「ハンブレッダーズ」のVo.&Gムツムロ アキラが初楽曲提供。“ネバーエンディング思春期”と標榜されるハンブレッダーズと、アーティスト名に「アドレセンス=思春期」を冠する夢アドの「思春期コラボ」で夏にふさわしいメロディと甘酸っぱく切ない歌詞で「この夏いちばんの胸キュンソング」に仕上がっている。

2018年夏、夢みるアドレセンスの飛躍と共に京佳のグラビアからも目が離せない。

撮影:小塚毅之

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)