ちょっとエッチなドール系美女 真島なおみ、西武園プールでも注目の的

グラビア 公開日:2018/07/02 146
この記事を
クリップ
}/

7月1日に西武園ゆうえんちプールにて開催された撮影会「サンスポGoGoクイーンオーディション プール撮影会@西武園ゆうえんち~豪華ゲスト16組とGoGoクイーン候補者が大集結!~」は、炎天下のなか多くのグラビアファンが集まった。

園内の波のあるプールを中心としたエリアで撮影会が行われ、オーディション候補者75名は、エントリーナンバーのプレートを掲げ、部ごとに水着を着替えファンにアピール。それぞれの女の子の前にはカメラの人だかりができたが、一際注目を浴びていたのが、彗星の如くグラビア界に現れた女神、真島なおみだ。




真島は、自身のツイッターやインスタでグラビア写真を公開し「SNSで“かわいすぎる”と話題の美少女 」と話題を呼び、先月「ヤングジャンプ」のグラビアに登場した。それまでファッションモデルとしての活動が多く、170cmの高身長から伸びる美脚と腕のバランスが絶品。遠くからでもスタイルが抜群なのが分かる。それでいて、不思議な空気感を湛え、なんかエロい。無機質で美麗な雰囲気から”ドール系女子”と呼ばれることも。

さらに「週刊FLASH」では”妄想ナース”に成りきり、「Hに撮られるのが大好き!」 と大胆ポーズも難なくこなす逸材ぶりを発揮。人気に拍車が掛った。

西武園ゆうえんちプールには「サンスポGoGoクイーン」エントリーナンバー97番で登場。スタイルの良さを堪能できる競泳水着でファンの心をばっちり掴み、撮影場所を移動するたび、ファンの取り巻きが徐々に増えていく。さらにベーシックな白のデザインビキニで登場した時も、そのスタイルの良さは絶品。細すぎず、むっちりしすぎず、グラビア向きのエッチなカラダをしている。当然ながら一瞬にして黒山の人だかり。甘えた仕草をしたり、照れ笑いしたり、エロ顔で誘惑したりと、変幻自在、Sなの?Mなの?そんな妄想も湧き出てくる。

雑誌だけで堪能していたエッチなドール系美少女を目の当たりにして、ファンも満足そうにシャッターを切っていた。この下半期のグラビア界を席巻するであろう真島なおみに期待したい。

関連タグ