水沢柚乃、セクシーメイド水着で秋葉原のファンを悩殺

グラビア 公開日:2018/06/18 57
この記事を
クリップ
}/

昨年10月に衝撃の1stDVD『ゆのしー、初めての恋』(イーネット・フロンティア)をリリースし、グラビアデビューとは思えない小悪魔的な仕草を披露してグラドルファンのハートを射止めた水沢柚乃

グラドルとしては小ぶりなDカップのバストも、スレンダーボディーとのバランスは抜群で、人気も急上昇中だ。そんな彼女が、早くも3作目となるDVD&Blu-ray『好きよ センパイ』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。その発売記念イベントが17日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、セクシーなメイド風水着を着用してファンの度肝を抜いた。




「ソフマップさんでのイベントは、毎回、普通っぽい水着とコスプレっぽい水着を用意するんですが、今回は着たことがない王道のメイドさんを着てみました。どうですか?似合います?」と報道陣に逆質問した水沢。秋葉原のメイドカフェには恐らくいないであろうセクシーメイド姿に、報道陣の数名がドキドキしたことは言うまでもない。そんな彼女の最新作は、3月にグァムで撮影されたもの。「初めてグァムに行ったんですが、急に雨が降ったりして大変でした」と天気に左右された撮影だと振り返るも、最新作では恋に落ちた水沢の表情が楽しめるという。

「私が20歳になったということで、今回は私が新入社員として就職し、その会社の先輩社員の男性とグァムへ出張に行くというお話となっています。ドジな私がやらかしてしまい、ホテルの部屋を一部屋しか予約してなくて、同じ部屋で先輩と甘い時間を過ごすという感じです。最終的には私から好きだと告白して…。結ばれるかどうかは、見てのお楽しみです♪」と丁寧な口調で最新作の内容を解説してくれた水沢。

具体的なシーンとしては「洗車のシーンや先輩をビーチに連れってあげたりするシーンなどがあり、朝先輩を起こすシーンとかもありますよ」と挙げながら、「DVDのパッケージに映っているタンクトップの前が全開の衣装を着たシーンでは、野外で撮影しました。風が吹くとめくれそうになり、ギリギリのラインで攻めてます。何回も危なくなって、その度にスタイリストさんを呼んで何回も助けてもらいました(笑)」と思わず身を乗り出して見てしまうセクシーなシーンもあるようだ。

水沢が所属する事務所には、尻職人・倉持由香や佐山彩香、吉田早希など、人気グラドルが多数所属している。中でも倉持は「本当に尊敬している方」とリスペクトしているようだが、「お姉ちゃんみたいで、会う度に「焼肉食べたい!」とお願いすると連れてってくれるんです。私にとっては良いお姉ちゃんみたいになっていますね(笑)」と焼肉をご馳走してくれる倉持に感謝しきりだった。

その水沢は今年2月の誕生日で20歳。すでにお酒を嗜んでいるようで「結構飲むとずっと喋ってます。寝ないでずっと好きなことを話してますよ(笑)」と明かすなど、お酒が入るとしゃべり上戸になるという。そんな彼女の新社会人としての目標は「引きこもりがちなので、行ったことがないフェスとかに行ってみたいです。フジロックとかは良く分からないし初めてなので、手頃の優しめなフェスが良いですね」とアウトドアな活動にも意欲を見せていた。

関連タグ