大原優乃、グループ時代は胸にサラシ巻いてFカップ隠していた

グラビア 公開日:2018/05/10 153
この記事を
クリップ
}/

10日放送の「ダウンタウンDX」(YTV/NTV)に大原優乃が初出演した。

この日の番組は「変わりすぎてごめんなさいSP」 と題して、華麗な転身や、驚く変化を遂げたメンバーが集結。大原は『ようかい体操第一』で子供たちから絶大な人気を博し、紅白歌合戦にも出場した”Dream5”のメンバーから、昨年グラビアに転身。そのFカップボディが話題を呼び、いまやグラビア界を席巻している。

浜田からグラビア転身のきっかけを聞かれた大原は「グループの活動が終了してソロになったんですけど、気付いたらずっと家にいるなと思い、このまま挑戦しないと私終わっちゃうと思いまして、(胸が)コンプレックスだったんで(グループ時代は)隠してたんですけど決意しました。グループの時はさらしとか巻いて隠してました」と告白。松本から「妖怪より目がそっちに行っちゃうからね」とツッコまれた。




同じくゲストだったTRFのETSUとCHIHARUが、大原がDream5時代に、ステージングや振付を教えていたことを話すと、浜田が「あんな乳デカいと思ってた?」とズバリ。2人は「全然分かんなかった。あの時も?」と問うと、「そうですねー」とにっこりほほ笑む大原。松本は「その時は2人は妖怪役で参加してたんですか?」とツッコみ、スタジオを和ませた。

さらに日本一の美ボディ柳本絵美に、「私太りやすくて、撮影前は食事制限するんですけど、元々さつま芋がすごく好きで。さつま芋は炭水化物なので、かぼちゃに変えてるんですけど…」と相談すると、柳本は「どちらも根菜類なので、かぼちゃも炭水化物ですよ」とアドバイスされ、「へっっ!??あれっ??やさい…」と固まる大原。「芋とかぼちゃってババアか!」と勝俣州和に猛然とツッコまれ、笑うしかなかった。Twitterでも「かぼちゃが炭水化物だったとは 笑心から楽しくて心から笑った」と振り返り、「ダウンタウンさんと お話しさせていただけるなんて 夢みたいで楽しい収録でした! 」とコメント。初共演は楽しめたようだ。

また大原は今日初日の舞台「クレスト☆シザーズ」(於:サンシャイン劇場)にも出演、元ホストの主人公・勇希が入店した美容室での出来事を描いたコミックの舞台化で、天然系アイドルモデルの花谷夢役を演じている。こちらもぜひチェックしてほしい。

この記事の画像一覧

関連タグ