佐藤聖羅、自作の胸開きワンピースからボリュームアップした美巨乳が眩しい

グラビア 公開日:2018/05/05 168
この記事を
クリップ
}/

2014年にSKE48を卒業後、本格的にグラビア活動を開始。現在セクシーなお姉さん系グラドルとして人気の佐藤聖羅が、8枚目となるDVD『聖なるふくらみ』(竹書房)をリリース。その発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。

イベントには花柄のセクシーなワンピースで登場、「夏感のある素材を選びました。胸元の部分も開いていなかったんですけど、自分で胸の部分を切って開けてみました」とニッコリ。

2月にバリ島で撮影された今作は、義理の弟の家庭教師に扮して、ちょっとエッチな関係になってしまういけないストーリーになっている。「今まで弟のいる設定をやったことなかったんですよ。実際に21歳になる弟がいるので、演じていて複雑な気持ちになっちゃいまして、弟には観てもらいたくないDVDです」と明かした佐藤、その禁断のおススメのシーンは、「義理の弟を誘って気晴らしに海に行くシーンで、その時に赤のカワイイ水着を着て浜辺を走ったりしたんですけど、この水着が海と合っていてカワイイと思いました」とご満悦。




4月30日に26歳の誕生日を迎えた佐藤は、「周りのみんなが26歳で 結婚しないでどうしようって言っている人もいたり、結婚して子供を産んでいる友達もいるので、ちょっと焦りもありますけど、30歳に早くなりたい自分もいるんですよ。早く熟したいんですよね。その複雑な感じで葛藤しています」と語った。

今年に入ってから元SKE48の矢神久美、中西優香、木下由希子から次々結婚が報告されているなか、「そうなんですよ。わたし置いていかれている感じがしちゃいました。私は卒業も早かったし卒業生の中で一番(結婚が)早いと想っていたんですが、ポンポン抜かされちゃってます。今は今で楽しもうと思っていて、もう私は結婚しません。宣言します。」とまさかの未婚宣言が飛び出した。

関連タグ