菜乃花、3rd写真集は色気たっぷり限界露出「一糸纏わぬって感じ」

グラビア 公開日:2018/05/05 255
この記事を
クリップ
}/

細身の体型なのにIカップというたわわな美巨乳で、”フィギュア体系”の名をほしいままにする大人気グラビアアイドル菜乃花

昨年発売した前作の2nd写真集『マジなの』が大反響。あれから1年、破壊力抜群の巨乳BODYとキュートな癒し顔がさらにたっぷりと収録された最新作『ICHIZU』(秋田書店)が4月27日に発売され、記念イベントが新宿・福家書店で開催された。

今年初頭台湾ロケで撮影された今作だが、台湾ではとにかく寒かったと振り返り、「台湾って暖かい国なので、暖房がないんですよ。外ももちろん、部屋の中も寒くってカイロを抱きしめながら撮影しました。薄着や水着のシーンもあるんですが、ギリギリ笑顔で頑張っているので、”寒いんだ”と思って見ていただければ、より頑張ってるっと思っていただけると思います」と笑顔。ただ「始めての台湾はごはんがおいしくてたくさん食べて幸せなロケでした…」と、グルメに関しては大満喫したようだ。




みどころは衣装よりも入浴シーンだと胸を張る菜乃花、「台湾の温泉みたいなところへ行ってきまして、角度だったりで隠しているシーンは、もう一糸纏わぬってう感じです」と妄想を掻き立てるアピール。さらにヌーディーな表紙について話が及ぶと、「これも温泉で撮ったんですけど、これはベージュの肌に近い色の、名前なんて言うんでしょう?、濡らして艶感をだす手法のやつ(笑)です」と説明、さらにチャイナドレスに初挑戦したそうで、街中での撮影で、いざ撮影となり、羽織っているものを脱いでその肢体が露わになると、街の人から「ふぅー!」と囃すような歓声を浴びて楽しかったと振り返った。

写真集のタイトル『ICHIZU』について問われると、「実は幾つかの候補の中から、いちばん響きの良いものを選んだんですよ」と意外な答えが。しかし「一途なのは広島カープとオートレースです!」笑顔、「ビジネス的ですか?一途に見て欲しい気持ちです、はい!」とおどけてみせた。

広島カープの熱狂的なファンの彼女。広島カープが試合に勝利する度にTwitterとInstagramにアップした水着写真は大きな話題を呼び、菜乃花が脱げばカープが勝つとまで言われ、カープが優勝してもアップし続けた「勝利のグラビア」を厳選し、この写真集に特別掲載。また学生時代の彼女の写真や、今回の撮影裏側写真も収録していて興味深い。40分間の豪華メイキング映像が収められたDVDも付属。セクシーなグラビアショットはもちろん、普段メディアやDVDでは見られないような自然体の姿もたっぷりと収録。幅広く菜乃花の魅力を味わえる内容になっているので、こちらもぜひ楽しんでいただきたい。

水着のみのフォトセッションの予定だったが、会見日が”こどもの日”、鯉のぼり=カープということで、親愛なるカープのユニフォーム(新井貴浩選手)と鯉のぼりで、想定外の「勝利のグラビア 囲み取材Ver.」の撮影会も行われ、たくさんのフラッシュを浴びた菜乃花。イベント終了後は、勢いそのままに神宮球場へ向かった。





関連タグ