No.1レースクイーン阿久津真央、スレンダーGカップは”下乳がチャームポイント”

グラビア 公開日:2018/05/01 114
この記事を
クリップ
}/

「2017日本レースクイーン大賞」グランプリに輝いた”まおまお”こと阿久津真央待望のイメージDVD『見やんといて♡』(イーネット・フロンティア)が4月20日に発売され、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。

大勢の記者陣がカメラを構える中登場した阿久津は、スラリとした細身のボディにGカップというふんわりバストを装備。No.1レースクイーンの称号も納得の笑顔で姿を現した。サーキットの女神は「事務所の先輩が着ていたのを見て、絶対これにしようと決めたのですが、サイズがなく、駆けずり回って昨日ようやく手にいれました」という、レース模様がゴージャスなランジェリー風の白ビキニ姿を披露。”レースクイーンだけに”レース”と掛けた”という訳ではなさそうだ。

待望のデビュー作はセブ島ロケ。「いやあ、初めての海外だったのでドキドキでした。いろんな初体験が詰まっていますね。レースクイーンポーズは得意なんですが、グラビアのポーズは初めてだったので、表情もきっちりした顔ではなく、ヌケた感じで目の優しい表情を出すとか、もうポージングに苦戦して、いろいろ勉強させていただきました。(撮影は)楽しかったです」と振り返ったが、撮影会やレースクイーン雑誌では水着経験は何度もあるも、グラビア撮影ならではの”変形水着”は初経験。「なんかはじめての自分に出会えた感じです」と笑顔を見せた。




最初のメイド姿で彼を起こすシーンの時は”すっぴん”を見せているそうで、「レースクイーンの”まおまお”はバッチリメイクなので、180度違う阿久津が見られると思います。認識は”ギリセーフ”だと思います」と笑いを誘った。「最後にはベッドシーンも」とどっきりコメントがあったが、グラビアでは”ベッドのシーン””朝ベッド””夜ベッド”などと表現する。記者陣から「ベッド”の”シーンですね」と初々しい指摘も受け、お茶目に戸惑う阿久津だった。

オススメシーンを問うと、「妄想シーンでバランスボールに乗っているのですが、私のチャームポイントである”下乳”を思う存分楽しんでいただけると思います」と答え、セクシーなシーンでは、イルミネーションの前でいま流行の毛皮のファーを纏ったシーンを選んだ。「水着+ファッションでおしゃれで大好きです。”モグラレースクイーン”で頑張りますので」とおどけてみせ、また「”手ブラ”ならぬ”毛ブラ”です!」と目を輝かせた。「私ファンのかたには太陽のみたいとか明るいイメージを持っていただいているのですが、ここはもうガラッと変わって”大人な阿久津”になってます」とのこと。さらにオススメシーンはつづき、Blu-rayのジャケットになっているシースルーの衣装が、フィッティングの時から”着たい”と熱望したイチオシの衣装。「夕陽が後ろから射していて、レースの透け感とか、体のラインが見えそうで見えないのが良いんです。友達にもこの衣装が好評なんです」と鼻高々だった。

今後DVDが出せるなら”関西弁シリーズ”で行きたいと話す”まおまお”、「『見やんといて♡』ってタイトルなんですけど、たくさん観てください!」と記念すべき1stDVDを猛アピールした。ファン投票でレースクイーンの頂点となった”まおまお”にぜひ期待していただきたい。

関連タグ