「2018ミスヤングチャンピオン」候補お披露目、24名全員ビキニが壮観

グラビア 公開日:2018/04/11 73
この記事を
クリップ
}/

「ヤングチャンピオン」「ヤングチャンピオン烈」「別冊ヤングチャンピオン」(秋田書店)の合同によるグラビアコンテスト「2018 第9回ミスヤングチャンピオン」が今年も開催され、グランプリ候補生36名のうち24名が一堂に会し、頂点への意気込みを語った。

登壇したのは、佐藤望美、相良朱音、佐久間愛菜、扇谷遥歌、朝倉みるき、合田柚奈、織田唯愛、浅見奈那、松尾美空、松原冷香、太田和さくら、陽菜菜々羽、道端瑠々花、岡英里、文月詩織、佐々木心優、赤坂あすか、舞波ゆうり、福本愛莉、吉野志保、阿南萌花、前野まな、伊藤杏夏、桜りんの面々。

グラビアを始めたばかりという初々しいメンバーから、すでにグラビア界で活躍して実績のあるメンバー、ちがうカテゴリで活躍していたが、今回グラビアに初挑戦したメンバーなど、個性派が揃った。




桜は「昨年はミスアクションで準グランプリをとったのですが悔しい思いをしたので、ミスヤングチャンピオンオーディションではグランプリをとりたいです!」と意気込み、太田和は「途中経過で一位だったのでこのままグランプリをとりたいです!」と逃げ切りをもくろむ。次世代合法ロリ巨乳との呼び声が高い相良朱音は「合法ロリ界のパーフェクトボディです。ミスなどの称号がないので初めての称号を頂きたいと思います」と無冠返上を狙う。犬童美乃梨や橋本梨菜、青山ひかるが所属する人気グラドルユニット「sherbet」の新メンバーとして活動を始めた佐藤望美もGP候補。「オーディション出させて頂くからにはグランプリ目指して頑張ります。グラビアの仕事をたくさんしてるので頑張りたいと思います」と胸を張った。

応募総数は500名、今回予選進出に選ばれた36名は「ミスヤングチャンピオン」グランプリの称号を与えられる僅か3名を目指しバトルを行う。昨日から予選がスタート、22日まで、誌面・WEB投票、撮影会、マシェバラネット生放送、SHOWROOM等各項目によるポイントを指標に選考。決勝は5月22日~7月1日まで行い、7月24日(火)発売予定の「ヤングチャンピオン」誌上でグランプリが発表される。

この記事の画像一覧