忍野さら「気合い入れてきました」ピンクのつなぎから覗くたわわGカップがセクシー

グラビア 公開日:2018/03/31 138
この記事を
クリップ

30日深夜放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)に女子大生Gカップグラドルの忍野さらが登場した。

忍野は昨年の「セクシーサンタコレクション」以来の出演。今回は「地盤」をまさに”掘り下げる”企画で、91cm Gカップの谷間露わなピンクのつなぎ姿を披露。タモリのみならずゲストの山田五郎や東京03もにんまりのセクシーさで番組を盛りあげた。




「そもそも”地盤”ってなんですか?」から説明必要のまっ”さら”知識の忍野だったが、「きょうは気合入れてきたので!」と力仕事はお任せと意気込む。そんな忍野は全手動の「スウェーデン式サウンディング試験」なる、1917年ころ開発されたという地盤調査を体験。地中に刺さった棒に重りをセットし、半回転させながら地中深く掘り進んでいく。タモリらとの共同作業で、バーを回わす作業中にカメラが寄ると、たわわなG乳がゆさゆさ。「うっ!くっ!」と苦しそうな表情を浮かべると、「これ昭和のテレビ?」と山田。ゲスト陣がにやつくと「真面目にやれよ!」とゲキを飛ばすタモリから「関東ローム層の土はどこからやってきたのか?」というクイズを出される忍野だったが、さすがは現役大学生、「富士山から」とご名答。知的なところを見せながらも、ちゃんと谷間も見せている優秀な忍野であった。

今度は入れた棒を梃子の原理で抜く作業を「楽しそう!」と手伝うことになった忍野。山田からの「セクシーに頼むよ」の指示に応え、前かがみで谷間を見せつけ「思ったよりたいへんです」とまた苦しそうな表情に。東京03飯塚は「これ”なに”ガメッシュナイトなんだw」とツッコみ、男性陣は爆笑。タモリは「ジメガメッシュナイト」と命名した。

後半は「土質標本」を紹介し、笑顔で山田やタモリのうんちくに耳を傾けるなど、マニアックな企画に花を添え、存在感をアピールした。今後もグラビアはもちろん、地上波での活躍も大いに期待したい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ