「ゴッドタン」でぶっちゃけた美尻おねえさん戸田れい、過激水着にア然

グラビア 公開日:2018/03/18 101
この記事を
クリップ

2005年のデビュー以降、"レイチェル"の愛称でファンの間から親しまれている戸田れい。

"尻職人"倉持由香も認める美尻クイーンで、グラドルの間でもトップレベルのキュートなヒップが魅力的だ。そんな彼女が最新DVD『甘い日々』(ギルド)をリリース。その発売記念イベントが17日、東京・秋葉原のソフマップで行われ、過ぎるお尻を披露して報道陣の視線を独占した。

「日本では売っていないブラジリアンカットの水着を買ってきました。私はお尻を売りにしているので、お尻が綺麗に見える水着となっております♪」とこの日のイベントのために新調したというブラジリアンカットの水着で登場した戸田。バックスタイルになるとブラジリアンカットの水着姿から張りのあるヒップが目視でき、そのヒップは更にパワーアップした印象だ。





そんな彼女のお尻とメリハリの効いたボディーが堪能できる最新作は、昨年6月に海外ロケとなるバリ島で撮影されたもの。「6月のバリ島は暑い上に、監督さんの趣味でピチッとしたワンピースと膝上ぐらいのロングブーツを履かされました(笑)」と苦笑いの戸田だが、初めてのキャビンアテンダント(以下CA)役となって見る者を惑わす。

最新作を手にしながら「今回は初めてCAさんになりまして、カメラに向こう側にいる方と一緒に恋愛していくお話となっています。その相手の正体が最後に分かるんですけど、ビックリすると思いますよ(笑)。基本的にお姉さんキャラで、リードしていく感じとなっています」と説明した戸田。そんな彼女は今回、際どい衣装を着用しているようで「ハイレグの競泳水着は、こんなの売っているの?というぐらいハイレグが凄かったです(笑)。そのハイレグ水着に加えてニーハイソックスを監督さんの趣味で穿かされたんですが、女性からしたら理解出来ないフェチ感ですよ(笑)」と苦笑いを浮かべた。

また、最近のグラビア界では「普通の下着をリメイクしてトップだけ隠すこと」が恒例だそうで、最新作では同衣装を着たシーンも収録されている。「本当にギリギリで、動くと(バストのトップが)見えちゃう感じで撮影は大変でした。一番セクシーだと思うので、ドキドキしてもらえると思いますよ」と胸を張った。

テレビ東京系で放送された『ゴッドタン』で鈴木咲や金子智美とともに出演し、グラビア撮影のぶっちゃけトークを展開した戸田。以前の撮影では蛇口を舐めたり擦ったりしてファンを喜ばせたが、「今回もそれに近いことはしております(笑)。『ゴッドタン』では金子さんがバナナやソーセージを舐めていると言っていたので、私に勇気があればそこまでやってみたいとは思いますけどね(笑)」とエスカレートしているセクシーショットにも意欲を見せていた。

その戸田だが、今年の2月9日で31歳。「モテ期が来ていると思います!お一人なんですけど、珍しいぐらいグイグイと来る方で、チャンスだと思っています!」とその気がないわけでもなさそうで、「何かありましたら、ソフマップさんでお話させていただきます。約束しますよ(笑)。そのためにもDVDを出さないといけないので、皆さんよろしくお願いします(笑)」とちゃっかりアピールしていた。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ