SKE48鎌田菜月 グラビアでも活躍のフェロモン美女は”ガチ歴女”

グラビア 公開日:2018/03/08 57
この記事を
クリップ
}/

「FLASHスペシャルグラビアBEST 2018早春号」(光文社・3月2日発売)では、SKE48 22ndシングル『無意識の色』で初選抜入りを果たした、今勢いに乗る鎌田菜月の最新グラビアが登場している。


グラビアでも活躍のほんわかフェロモン系美女は”ガチ”な歴女だった。知られざる彼女の素顔が白日の下に晒され、SKE48に新しい歴史が加わる!?





―鎌田さんは「歴女」として知られていますけど、どの時代がお好きなんですか?


新撰組ですね。私、ハマるととことんなんで、学生のころは図書館にある新撰組の本は全部、読みました。でも、学校の図書館だと限界があるので、そのあとは市の図書館に行って、新撰組で検索をかけて、かたっぱしから読んで。


―家にもたくさん新撰組の本があるんですか?


いや、そんなにはないんですよ。基本は図書館で借りるので。ただ、図書館にない本は買います


―いまは歴女向けにたくさんグッズなども出ていますが?


それはあんまり持っていないんです。むしろ、資料とかを集めていますね。ゆかりの場所に出かけると、そこでいろいろ手に入るんですよ。中学の友達に歴史が好きなコがいて、中学を卒業したあとの春休みに、一緒に京都に行きました。私が行けないところは、そのコから資料をもらったりしていますね


―想像以上にガチですね。新撰組では誰が好きなんですか? やっぱり沖田総司とか?


いや、一周回って相馬主計(かずえ) が好きです。えーっと、ポカーンとされている読者の方もいらっしゃるかもしれないんですけど、相馬主計は「新撰組最後

の局長」と呼ばれていて、最終的には「誰にも言うなよ」と告げて、腹を切るんですよ。全部背負って、なんにも言わずに…。すごくないですか?


インタビューの続き、その他のグラビアは「FLASHスペシャルグラビアBEST 2018早春号」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧