柳本絵美 ブラジリアンビキニが眩しい、鍛え抜かれたカラダにほれぼれ

グラビア 公開日:2018/02/24 68
この記事を
クリップ
}/

2年半前から体を鍛え、日ごろの鍛錬の成果が花開き、「ベストボディジャパン2017日本大会ガールズクラスグランプリ」を獲得。美ボディの頂点を極めた柳本絵美が、実に8年ぶりとなるDVD『美ボディスマイル』(竹書房)をリリース。久しぶりに秋葉原・ソフマップに舞い降りた。

囲み取材には真っ赤なブラジリアンビキニで登場。「市販のビキニだとおしりが潰れちゃうんで」とオイルのテカりも艶めかしい、鍛え上げられた肉体を惜し気もなく披露した。今作は沖縄で撮影、そもそも前作とはカラダの作りが全く違い、前作当時は18歳ということもあり、まず色んなグラビアアイドルのDVDを観て参考にしたそうだ。そんな進化した柳本が観られる待望の新作は「グラビアアイドルのDVDと言ったら違う仕上がりになっていると思います。BBJで日本一になったので、肉体美を意識していますが、アスリート過ぎないように、ある程度脂肪も付けて挑んだので、ちょっと可愛さもあるかな♡」とはにかんだ。「自分の理想としては女性が観ても恥ずかしくないDVDにしたいというのがあって、女性らしいライン+鍛えたカラダが伝わるように衣装も意識してフィッティングしてもらったりしました。実際エクササイズしているチャプターもあるんですが、ちょっと可愛くって監督さんから指示がありまして、でも呼吸とかいつも通りやっちゃいました」と笑った。





見て欲しいシーンは「浜辺のシーン」だそうで、「最後のチャプターなんですが、すっごいキレイに撮れたんです。シースルーのワンピース1枚で歩いているんですが、ロケーションもすごく良くて、ちゃんと鍛えて臨んだんで(笑)、ちゃんと求めてたラインが出せたかな。脚線美もきれいです」とアピールし、気になる今後のグラビア活動については「DVDは当分ないかな(笑)。でもグラビアはやっていきたくて、男性は脂肪が乗ってるカラダが好きかもしれないんですけど、ムッキムキに男性みたいなカラダになるわけじゃないから、鍛えてるけど女性らしいグラビアは私が出来ると思うのでやっていきたいです」と語った。

記者から”美の伝道師”ですねと言われた柳本は笑顔を見せながら「鍛えたら教えたくなっちゃって、パーソナルトレーナーの資格も取りました。「佳代子の部屋」(フジテレビ)で仲良くなった天木じゅんちゃんや、柳瀬早紀ちゃんとか実際教えて欲しいって言って来てくれてて。私はおっぱいすごいなって見ちゃうんですけど(笑)、ヒップアップしたいとかウエストくびれたいとか思ってるみたいで、それぞれに合った教え方しています」と本格的にトレーナーとしても信頼を得ているようだ。

関連タグ