天木じゅん 2nd写真集で限界突破「おしりの線 解禁しちゃってます」

グラビア 公開日:2018/02/17 127
この記事を
クリップ
}/

身長148cmで96cmのIカップバストは天乳と呼ばれ、ファンをとりこにしている天木じゅんが『天木じゅんセカンド写真集jun_Limited』(講談社)をリリース。その発売を記念したイベントが、東京・書泉グランデで行われた。

イベント前の囲み取材では、大勢の報道陣へのサービス?なのか、赤のワンピースと黒のビキニの2種類でのフォトセッションを敢行。前代未聞の”お色直し”取材となった。

昨年10月にハワイで撮影された今作は、天木の二次元ボディが存分に堪能できる写真集。まずハワイでのエピソードを聞いてみると「撮影の初日にジャングルみたいなところに行ったんですよ。木の上に登ってすごい際どいポーズをしたんですけど、降りる時に横着をしてしまって、滑り落ちちゃって、血を流すようなケガをしちゃいました。ハワイでお土産を体につけてきました。」と天木らしい明るいエピソードからスタート。





写真集のタイトルについては、「アンリミテットって限界突破とか無制限という意味なんですよ。ファーストの写真集よりもさらに出している部分も多いですし、じつは今までお尻の線を解禁していなかったんですけど、この写真集でお尻を出しちゃったりしているんですよ。今の自分が出せる最大露出になっています」とにっこり。

「この撮影の前に、お尻を大きくする企画をやっていたんですよ。もともと84cmくらいしかなかったヒップが93cmまで成長して、それでお尻を出そうと決めました。天乳と言われている胸は私の一番の武器だとと思いますけど、それだけでなくこれからはお尻も武器にしようと思い、ボンキュンボンの体を目指して頑張りたいです」と胸を張った。だけでなく”おしりも張った”。

限界突破することは撮影前から決めていたのかを聞かれた天木。「自分の成長具合を感じながら撮影していたら、こういう結果になりました。エロいのはもちろんですけど、エロだけではなくて、キレイなグラビアとして見てもらいたいです。これまでグラビアアイドルとしてやっていないものをいっぱい詰め込んでいます」と、”グレードアップじゅんちゃん”をアピールした。

取材中、フィギュアスケートの羽生結弦選手が金メダルを獲得したニュースが飛び込むと、「集大成なのでもちろん金メダルを自分で与えます。羽生選手はケガをしたけど、金メダルを取ったじゃないですか。私もハワイでケガをしたけど、いい仕上がりができたので金メダルです。羽生選手と同じ気持ちです」とおどけてみせた。

関連タグ