倉持由香推薦、2018年躍進期待の新世代グラドルに熱視線

グラビア 公開日:2017/12/18 53
この記事を
クリップ
}/

先日念願の「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙を飾り、名実ともにグラビア界を代表する存在となった倉持由香

その表紙を華々しく飾って早や3週間、今度は後進の育成にと、倉持が選ぶグラドルが「週プレ」誌面に登場した。これは倉持をはじめ、グラドル界に精通するトップグラドル4人が「2018年躍進する新人グラドル」を推薦する企画「グラドルが推すグラドル G-1グランプリ」。倉持は最多の3名を選出した。





まずは「音ゲーがめちゃくちゃ上手い、ゲーマーグラドル。むっちりふとももがチャームポイント」として水沢柚乃を推薦。水沢は10月に1stDVD『ゆのしー、初めての恋』を出したばかり。19歳ならではのむちむち感は必見の子。ゲームとコスプレと欅坂46が大好きな”太もも職人”を目指すグラドルだ。

そして2人目は、超絶脚長でひと呼んで”グラドル摩天楼”の緒方咲。168cmの高身長からスラリと伸びた美脚は生唾もの。バストも85cmと、背が高くておっぱいもあるという貴重な存在で、2018年要注目。「ボディスーツとかかっこいいグラビアが似合いそう」と倉持も期待を寄せている。

3人目に推薦されたのは、倉持から「”ゴッドタン”(テレビ東京)で振り切った変顔を披露して話題になった思い切りのいい子。小柄で元気ギャル」と言わしめた加納葉月。加納は「変顔を推していただきましたが、武器は”後ろ姿”」と必殺バックスタイルをアピール。撮影用に背中からおしり、太ももへと流れるようなラインを作ったという強者。152cmのミニマムボディで2018年大暴れするかも。

百戦錬磨、キャリア13年の倉持先生の推挙するグラドルたち。今から注目しておいた方がよさそうだ。

この記事の画像一覧