青山ひかる 汚尻全快間近「ブルーレイ出せて良かった」

グラビア 公開日:2017/12/17 12
この記事を
クリップ
}/

"野生児猫娘"、"あおみん"などの愛称でファンから親しまれている青山ひかる。ベビーフェイスながらも95cmのIカップバストというギャップでグラビアファンを虜にしている。最近ではバラエティー番組などにも出演して知名度も上昇。女優としての活躍も目覚ましく、グラビア以外での活躍も目立っている。そんな彼女が通算15作目となるDVD&ブルーレイ『青春のひかり』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。その発売記念イベントが17日、東京・秋葉原のソフマップで行われ、会場から溢れんばかりのファンをセクシーな水着姿で悩殺した。





「クリスマスが近いということで、今日はサンタ帽を被り、サンタっぽい水着にしてみました。似合ってますか?」と逆質問で報道陣に迫った青山。こんなにも色っぽいサンタがいれば、プレゼントなんてなくても大丈夫と言う男性も続出だが、最新作ではセクシーサンタよりも魅力的なセクシー女教師に扮し、生徒と禁断の恋が展開されるという。

「タイトルが『青春のひかり』ということで、私が新米教師となって生徒と秘密の恋を繰り広げていくいうストーリーになっています。千葉の館山で撮影したんですが、ガッツリ学校でロケを行い、教室や体育館のシーンも入っています。体育館ではサラシを巻いて得意な空手をしたり、バドミントンをしたりしました♪」と具体的なシーンを紹介し、アイドルDVDには珍しいサラシを巻いたシーンでは「結構ズレてきちゃって、サラシの意味がありませんでした(笑)。このシーンは何回も撮影を止めたので、一番時間がかかりましたね」と撮影秘話も。また、今回は新米教師という設定だが、物語が進むにつれて制服姿も見られるようで、「学校の屋上で生徒に頼まれて制服を着るんですが、24歳にもなって恥ずかしくなってきました(笑)。ガッツリ辱めを受けています」とロリータ巨乳と呼ばれる青山でも今回は恥ずかしさを感じた様子だった。

昨年10月に放送した「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演し、"お尻が汚いグラビアアイドル"と一躍世間に広まり、同番組初の反省大賞を受賞した青山は「話題になったと言えばなったし、"お尻の汚い娘だ!"と言われるようになり、自分の名前が広がって行ったと思っています」とネガティブなことも前向き。気になるお尻の方は、「綺麗になりましたよ!あとちょっと(笑)。もっともっと綺麗になるように頑張ります!」と語っていたが、生尻を見る限りほぼ全快のようで、「今までお尻がヤバくてブルーレイはNGだったんですが、今回はお尻が治ってきたのでブルーレイも出せました(笑)。出せて良かったです♪」と1年振りのブルーレイに笑顔を見せていた。


関連タグ