吉木りさ ”おしり”と言う名の写真集でハプニング

グラビア 公開日:2015/12/20 33
この記事を
クリップ
}/

グラビアのみならず、バラエティ番組でも活躍中の吉木りさが、最新写真集『OKOLE(オコレ)』(ワニブックス)の発売を記念したイベントが、書泉ブックタワーで行われた。

10月にハワイで撮影が行われ、これまで以上にセクシーで大胆なカット満載の写真集。今回のタイトル『オコレ』は、これはハワイの言葉でお尻という意味があり、全体的にお尻のショットが多い作品になっている。
「特にソファーで寝転がっている写真があるんですけど、リラックスして、ハワイならではの空間を楽しめるようになっています」と説明した。





オススメのシーンは「ダイヤモンドヘッドでの撮影でパドルサーフィンをしているんですけど、波も穏やかで晴天だったので楽しかったです。でもちょっと水着が小さかったのでお尻が見えちゃいそうなハプニングがありましたけど、そういうショットも楽しんでもらいたいです」とアピールした。

ハプニングといえば、出発前の空港で大変なことが起きたそうで、「成田空港のレストランで携帯電話を忘れてしまいました。携帯が一切無い生活を約1週間することになっちゃいましたよ。連絡が取れなくなったことで、TKOの木下さんがすごい心配してくれました。帰国して会った時に死んだかと思ったなんて言われました(笑)」と話した。

今年を振り返ってもらうと、「漢字一文字で言うと「興」ですね。新たなモノを発見したり、目だっていなかったものが目立った年でした。私の中では、今まで見たことの無かったラグビーにハマって、今こんなに見る機会が増えると思わなかったで
す。発見の1年でした」と笑顔で語った。

また今年の流行語大賞に選ばれた、とにかく明るい安村のギャグで、「安心しないで下さい。履いていないかどうかわかりませんよ」とおどけながらアピールした。