土屋太鳳ら『チア☆ダン』キャストが涙のクランクアップ「1年に1回は同窓会をしたい」

Girls 公開日:2018/09/14 6
この記事を
クリップ
}/

本日最終回を迎える土屋太鳳主演の金曜ドラマ『チア☆ダン』(よる10時)の撮影が今週終了し、主人公・わかばを演じた土屋太鳳ら「ROCKETS」キャスト20人が一斉にクランクアップした。

1月に始まったダンス練習から約9カ月、クランクインから約5カ月、ダンスの練習とドラマ収録という過酷なスケジュールを乗り越えた「ROCKETS」。20人のオールアップに全員が感無量の涙を流し、なかには号泣し挨拶ができないメンバーも。



土屋は撮影を振り返り「みなさん本当にお疲れさまでした。『チア☆ダン』という作品とROCKETSのチームがみんなにとって母校のようになってくれたらうれしいなと思っています。1年に1回は同窓会をしたいです。本当にわかばとして生きることができて幸せでした。本当に本当にお疲れさまでした!」と思いの丈を伝えた。そして、「ROCKETS」を作りわかばを一番近くで支えた汐里を演じた石井杏奈は、「自分の人生の中で絶対に忘れちゃいけない絆の大切さと、人の温かさを感じることができた現場でした。ありがとうございました!」と、感謝の言葉を述べ、キャストたちをさらに泣かせた。なお、感動の「ROCKETS」クランクアップの様子は公式サイトの現場レポートで公開中だ。

最終回では、“打倒JETS! 全米制覇“という、できっこない夢をがむしゃらに追いかけてきた福井西高校チアダンス部「ROCKETS」がついに全国大会に出場し、目標であり最大のライバルである「JETS」に挑む。ドラマ撮影の域を超えた本物の絆で結ばれた「ROCKETS」たちのラストダンスは是非、最終回の放送でご覧いただきたい。


(c)TBS



この記事の画像一覧