佐々木希 タイガー炊飯ジャー新CM、幸福感あふれる温かな作品に

Girls 公開日:2018/07/19 29
この記事を
クリップ
}/

タイガー魔法瓶は、土鍋ごはんのおいしさと日々の幸せを佐々木希さんが表現した、土鍋炊飯ジャー『炊きたて』の新TVCM「しあわせな食卓」篇を、2018年7月22日(日)より全国で放映する。

CMは、土鍋炊飯ジャーで炊いた土鍋ごはんを見つめる佐々木の目元と、シンガー・ソングライターの高井息吹の繊細かつ優しい歌声で始まる。つやつやのごはんを口に運ぶと、ゆっくり微笑む佐々木。炊きたてのごはんを噛みしめながら、幸せそうな表情で天を仰ぐ。じっくりとごはんを味わって、「おいしいね」と優しく語りかける姿が印象的だ。最後には、優しい光が差し込み、風に揺れるカーテンの中で、「タイガー炊飯ジャー炊きたて♪」というお馴染みのフレーズを口ずさむ佐々木の姿。見る者すべてを優しく温かな気持ちにさせる、幸福感あふれるCMに仕あがっている。




撮影は6月下旬に東京近郊で行われた。真っ白なワンピースに身を包み、笑顔で現場に入る佐々木。リラックスしながらも気合が入っているように見える。監督をはじめメイクやスタイリストなど女性が多い現場で、終始和やかな様子で打ち合わせが進むが、撮影が始まると佐々木は女優の顔に。

炊きたてのごはんを食べるというシンプルな構成だけに、おいしく見えるよう、お茶碗やお箸の角度をスタッフと話し合い、ときには自分からアングルを提案するなど、こだわりを見せていた。一方で、お茶碗いっぱいに盛られた白米が運ばれると、「わんぱく盛りだー!」とはしゃいだり、土鍋ごはんを食べたあと「おいしいね」と優しく語りかけるシーンでは、声のトーンやリズムなど、雰囲気を変えて20パターン近い「おいしいね」にチャレンジする場面も。

最後は「タイガー炊飯ジャー 炊きたて♪」と40年以上親しまれてきたフレーズを歌うシーンを撮影した。実はこのシーン、CM上ではスローモーションで再生するために、撮影では2倍速で歌う必要があった。2倍速のお手本を何度も聞きながら練習する佐々木。体の動きは通常の速度で、口だけ2倍速で動かすという難しいオーダーに苦戦し、10テイクほど撮影したところで監督からOK!が出ると、ホッとした表情になり、どこからともなく拍手が沸き起こった。CM同様、佐々木さんの温かさや優しさ、幸福感に包まれた撮影現場となった。



関連タグ