W53cmの新くびれ女王、林ゆめ「RQ大賞新人部門」頂点へ追い込み

Girls 公開日:2018/06/09 38
この記事を
クリップ
}/

1年前に北海道から上京すると、瞬く間にマンガ誌に登場。「ヤングマガジン」ではしげの秀一作「MFゴースト」の登場人物「レースクイーンMFGエンジェルス」として活躍中の林ゆめが一流RQへの登竜門「レースクイーン大賞・新人部門」のファイナリストに選ばれた。

ウエスト53cmの絶景ボディラインで”新くびれ女王”として早くも名乗りを上げた林は、現在Pacific Fairiesに所属。大好きで尊敬している先輩・川崎あやが辿ってきた道で、去年3冠と言うRQ大賞史上初めての偉業を打ち立てたチームで挑戦してみたいとこのチームを志願したという。1年間全力で頑張ることを高らかに宣言した林に、RQ大賞新人部門グランプリに懸ける意気込みを聞いた。




―今年初めてのレースクイーンということですがどうですか?

そうなんです。今年初めてレースクイーンとしてサーキットに立たせて頂きました。イメージ通り、チーム全員でレースを盛り上げる、そんな素敵なチームに参加できました!

―写真やポージングを見るとすっかり慣れている感じがしますが。

いえいえ、まだまだ全然です。初めてのことだらけで、チームのリーダーからいつも愛のある指導を受けてて(笑)「迷惑かけないように精一杯頑張らなきゃ」ってそんな感じです。

―目標は?

ゆめがここで頑張るために与えられた期間は1年しか無いって思ってて、だからこそ、この1年は全力でゆめを応援してくれる方々が「あ〜ゆめを応援して本当よかったっ〜」て思ってもらえるそんな「みんな大好き”林ゆめ”」になりたい。そしてこの1年は今まで以上に周りの沢山の方々にお世話になると思っててそういう周りのみんなに恩返し出来る、「林ゆめにしか出来ないことががある」って言われる人になります。

―現在レースクイーン大賞・新人部門に参戦中とのことですが、どのような意気込みですか?

そうなんです、新人賞はレースクイーン1年目の子しか出れない戦いで既にファーストステージは終わってるのですが、ファーストステージも終わって10人が出揃った中に自分の名前が入っていたことが凄く嬉しかったです。周りのみんなや応援してくれる方々のおかげで頑張れてると実感しています!残りわずかですがゆめの意気込みとしては、チームや事務所のみんな、応援してくれる方々がゆめを応援して良かったと思えるそんな人になりたいです。あとは、まだ誰を応援するか決めてない方もたくさんいると思うのでそんな方々もゆめを応援したくなるような、みんなの期待を背負える人になりたいです。

―最後に一言

私自身、何かで1番になろうと思ったことは今までそう多くは有りません。だけど、たくさんの人が私の名前を呼んでくれて、そして応援してくれる。その応援してくれる方々全員が、ゆめを応援して良かったなと思える、そして私自身も頑張ったと、笑ってみんなとそれを共有できる結果発表にしたいです。投票は6月10日までなので、もし応援したいと思ってもらえたならよろしくお願い致します!

この記事の画像一覧