瑛太の“狂演”に絶賛の声止まず「友罪」衝撃の特別映像公開

Girls 公開日:2018/06/01 49
この記事を
クリップ
}/

江戸川乱歩賞を受賞しデビュー、その後も数々の賞に輝くミステリー界の旗手・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ「友罪」(集英社文庫刊)の映画化。「64-ロクヨンー前編/後編」(2016)での大ヒットも記憶に新しい瀬々敬久監督待望の最新作「友罪」(ゆうざい)が5月25日(金)より公開となった。

生田斗真瑛太を主演に、佐藤浩市夏帆山本美月富田靖子と日本映画界を代表する名優が集結した本作で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤――。それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯し、やがて人間存在の謎に満ちた深みへと導く、慟哭のヒューマンサスペンス。

この度、絶賛上映中の本作から、キャリア史上最も困難な役といっても過言ではない、元少年犯役を演じた瑛太の怪演が光る、特別映像が公開となった。




「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…。」ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何も無かった二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか…。驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた――。

重厚なテーマをはらむ物語に加え、“血の通った”リアルなキャラクター像をそれぞれ見事に体現した主演の生田斗真瑛太の熱演が光る本作。中でも、瑛太扮する社会復帰した元少年A・鈴木の演技には、公開直後からSNSを中心に「ゾッとする程の怪演」「瑛太の演技が凄すぎる…」「瑛太、代表作を更新!」「鳥肌もの」「度胆を抜かれた」「怖いほどの凄味」など、連日絶賛の声が止まない。

今回公開された映像は、そんな瑛太が“文字通り”の怪演ぶりを見せつける衝撃的なシーンが詰まった内容に。寮でバッドを振り回し、顔面を殴られても笑い続け、終いには自分を殴れと石を手に取り、相手が躊躇すると「しょうがねーなぁ!!」と自らの頭を殴りつけ…。常識では測れない奇怪な言動の数々には恐ろしさを感じる一方で、益田の前で時折見せる笑顔からは周囲の人間と変わらない、温かみのある優しさをも感じさせる。果たして、本当の鈴木はどんな人物なのか。映像は、無表情で水路に横たわる鈴木と共に、「“悪人”なのか?それとも…」と意味深な言葉で締めくくられる。

メガホンをとった瀬々監督曰く、瑛太は「役者というより、パフォーマー。演じるというより、身体表現に近い」。拭いきれない罪と共に生きる鈴木に全身全霊で挑んだ瑛太は、「映画を通して、観てくれた方に“何を与えたいのか”についてはすごく疑問があった」と、これまでにない苦悩を抱えたという。それでも、「どんな役でも愛して演じていきたい」とし、鈴木に自身の想いを重ねていった。

そんな瑛太の渾身の“狂演”と、己の罪と闘いながら、友として鈴木に寄り添う「受けの芝居」に身を投じた生田斗真による覚悟の競演。互いを信頼する二人がスクリーンで勝負する、“本気のぶつかり合い”をぜひスクリーンで確かめてみてほしい。

(C)薬丸 岳/集英社 (C)2018映画「友罪」製作委員会

この記事の画像一覧