風間俊介 念願の持ち込み企画で驚きのプレゼンテーションレベル

Girls 公開日:2018/05/08 62
この記事を
クリップ

TBSで5月15日(火)よる8時から2時間にわたって放送する「マツコの知らない世界SP」に、風間俊介が初出演する。




マツコ・デラックスとは久々の共演となる。一般人や文化人、時には タレントや有名人が、自らの得意ジャンルを企画として持ち込んでマツコにプレゼンしていくスタイルのこの番組に「実はずっと出たいと思っていた」というほどのファンだという風間。ついに念願がかなった。

彼がマツコに紹介するのは「東京ディズニーランドの世界」。今回の出演にあたり、なんと風間自らが台本を書き、さらには取材も行った。

総合演出の坂田栄治は「俳優としての風間さんはドラマで拝見しており、今回この番組に出たいというご本人の熱い思いを伺い、ご出演をお願いしましたが、まさか台本書きや取材まで自ら買って出てくださるとは思ってもいませんでした。企画の着眼点は、十分すぎるほどのマニアックさでユニーク。正直驚きました。トークも何時間でも聞いていたいほど魅力的でした」と、風間のプレゼンテーションレベルの高さに関心を寄せた。

そんな彼が語る、他のテレビ番組では紹介しない「東京ディズニーランドの世界」。風間は11歳にして「この場所にずっといたいと思った」という。以来“年間パスポート”を23年間更新し続けているという。

風間は「僕はディズニーが好きなんです。特にディズニーアニメが好きで、そのアニメの世界を体験させてくれる東京ディズニーランドが好き。だからその場にたたずんでいるだけで楽しいんです。世界一整備された素晴らしい公園。乗り物に乗らなくても充分楽しめる。多くの人たちが“夢と魔法と情熱とイマジネーションの世界”を本気で楽しんでもらおうと思って作った世界だから。今回はテレビ番組ではなかなか取り上げてくれない僕が好きなところをマツコさんに知ってもらえたらうれしい」と、その熱い思いをこれでもかと爆発させ、東京ディズニーランドの建造物、ストリート、そしてゴミ箱・・・と、確かに普通では なかなか見られないラインアップをマツコに紹介。マツコに「この番組に良く来られるタイプの方と、ほとんど同じね」と、言わせてしまうほどのマニアックなこだわりを披露する。

また、東京ディズニーランドでしか味わえない知られざるグルメ、さらにはお土産ショップをスタジオに再現し、意外な東京ディズニーランドも楽しむ。収録後は「ここ最近の仕事で一番緊張しました・・・」と語った風間。果たして、彼の世界観をマツコに理解させることができるのか?

このほか、人気の餃子に宣戦布告、「シュウマイの世界」でマツコを唸らせる逸品が登場。さらには神秘の地下帝国「下水道の世界」をキャリア官僚が熱く語る。

(C)TBS

この記事の画像一覧

関連タグ