戸田恵梨香&大原櫻子 互いが支えに「あの日のオルガン」撮了

Girls 公開日:2018/04/16 60
この記事を
クリップ
}/

戸田恵梨香大原櫻子がダブル主演を務め、東京大空襲の戦火を逃れた疎開保育園の実話を描く映画「あの日のオルガン」(2019年2月公開)。およそ一ヶ月の撮影が無事クランクアップを迎え、ダブル主演の戸田恵梨香大原櫻子よりコメントが届いた。また、橋爪功、夏川結衣ら実力派俳優の追加キャスト情報と第一弾場面写真も合わせて解禁となった。

3月1日にクランクインした本作は、この度3月末にクランクアップを迎えた。戦時中を舞台とした作品に主演の戸田は「重たいシーンが続いていたので、自分の精神状態が普段いないところにいました。一ヶ月間精神的にきついことが続きましたが有意義な時間で、すごい作品が出来るんじゃないかと手応えを感じています。」と、1ヶ月の撮影を満身創痍で取り組んだことを明かした。同じく主演の大原は「子供たちと楽しもうと意識しました。日常に笑顔を探していました。」と、生と死が隣り合わせの時代を描く撮影にも前向きな姿勢を忘れなかった役作りを振り返った。

ダブル主演の戸田と大原は本作が初共演。約一ヶ月を共に過ごしたお互いの印象について戸田は「なんてまっすぐな人なんだろうと思いました。前を見ている姿が私にとって心の支えでしたし、いつも見ていたい人だなという風に思いました。」。また、大原は戸田に対して「クールなイメージだったのですが、気さくで、かわいくて、会ったらもっと好きになりました。」と、ハードな撮影の中、お互いが支えとなっていた言葉を寄せ合った。

そして、影の主役とも言える沢山の子供たちと1ヶ月を過ごしたことについて。「とにかく可愛かったです」(戸田)、「カットがかかった後に抱っこをねだってくる」(大原)と、子供たちとも仲良くなった様子。保育士演じる女優たちに抱っこをねだったり、膝の上に乗ったり、足元に複数人がからみつくなど、天真爛漫な様子を見せた子供たち。戦時中を舞台とした撮影の中、俳優やスタッフなど周囲を和ませ続けた子供たちの存在が支えとなった現場は、朗らかに、無事に、クランクアップを迎えた。




また、追加キャスト情報も発表された。疎開先の世話役・近藤作太郎役に橋爪功。作太郎の妻・近藤梅子役に松金よね子。作太郎の次男・近藤信次役に萩原利久戸田恵梨香演じる板倉楓が勤める戸越保育所所長・脇本滋役に田中直樹。戸越保育所と合同で児童疎開を実現する愛育隣保館の主任保母・柳井房代役に夏川結衣。楓らに自身の子供を預ける疎開児童の父母に、林家正蔵、陽月華、山中崇、田畑智子の出演が決定。キャリアある実力派から期待の若手俳優、そして子供たちまで、老若男女世代を超えた最高のキャストが集結し、感動の物語を紡ぎだす。

1/2ページ

この記事の画像一覧