榮倉奈々 ママになって初バラエティは「山里&マツコ・デトックス」

Girls 公開日:2018/04/13 61
この記事を
クリップ
}/

昨年10月に放送された「毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス」。山里亮太が日頃の鬱憤を書き留めている“毒出し日課帳”を元に、マツコ・デラックスへ不平不満をぶちまけストレスを発散・解消するセンセーショナルな内容で、放送後ネットを中心に話題となった。

そんな「毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス」が、このたび2週連続放送となり、スケールアップして帰ってきた。ソーシャルネットワークサービス(SNS)で炎上した経験がある山里は、迂闊な“つぶやき”は危険だと学び、日常的に起こる嫌な出来事や現場などで思うも外に出せない心の叫びを“毒出し日課帳”に書くことで治めていた。そんな“心の闇”をマツコとゲストに向けて吐き出すことで毒を消し去ってもらおうという、いわば山里のデトックス番組だ。

ゲストは、昨年6月に第1子を出産し、ママとなって初のバラエティ番組出演となる榮倉奈々。また、約1年の産休を経て4月2日からTBSラジオ「たまむすび」で活動再開し、山里と共演している赤江珠緒もこの番組がテレビのバラエティ本格復帰となる。

番組は冒頭からヒートアップ。「飾らない感を出してくるモデル」「赤裸々に自らの恋愛遍歴を語るヤツ」「大御所とのバラエティ以外手を抜くヤツ」などなど山里の“毒出し日課帳”は健在。「誰なの~ッ!?そこまで言うなら話しなさいよ」と、マツコの鋭い突っ込みに、大汗をかきながら山里が覚悟の暴露。




さらに、2週にわたって様々な毒出しゲストが登場。17日は、山里が毒を吐くと共に、毎年4月になると、ある思い出と共に、じんましんに苛まれるという ハコちゃんこと岩下尚史がTBSに対する恨み節を吐き出しまくる。24日は、この4月からフリーアナ ウンサーとなった安東弘樹と、普段は温厚な飯尾和樹(ずん)が毒を吐く。安東にTBSを退社した本当の 理由を聞くと共に、飯尾がイイ人ならではの意外な毒を披露しスタジオは大爆笑の渦に! マシンガンのように打ち出される“毒出しトーク”で、山里とマツコも驚くテレビ業界の裏側が明かされる。

「毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス」は4月17日(火)と24日(火)の2週連続で深夜23時56分からTBSで放送される。

(C)TBS

この記事の画像一覧