佐々木希 夏菜 中川翔子 徳永えり、”アラサー女性あるある”で大盛り上がり

Girls 公開日:2018/04/11 49
この記事を
クリップ
}/

20代を駆け抜け、駆け出しの30代が始まるという、いわゆるアラサー女性の役柄に、佐々木希夏菜中川翔子徳永えりというビッグネームで挑むNHK総合の注目ドラマ「デイジー・ラック」が4月20日(金)より毎週金曜日よる10時より全10回での放送となる。

この「デイジー・ラック」は小学校時代からの幼馴染で「ひなぎく会」メンバーの4人が織りなす、等身大のホッコリと心温まるヒューマンドラマ。4月9日にはNHK放送センターにて第1回放送の試写会が行われ、出演の4人が登壇となった。




最初にマイクを握った佐々木希の口からは「このメンバーでよかった」「初日でいきなり距離縮まった」「仲良くなれた」との言葉が飛び出すなど、終始仲良さげな4人。その後も「体のハリがなくなった」「時間が経つのが早すぎる」「幸せの感じ方が変わった」とアラサー女性あるあるで大盛り上がり。

それもそのはず、この4人の結束力を高めるため、なんとあの人見知りでお馴染みの中川翔子が顔合わせ後に自宅でホームパーティーを開き、リアル「ひなぎく会」で心を通わせていたというのだ。

このホームパーティーの開催というしょこたんらしからぬ?試みについては自身でも「これはホントに私か!?」と形容しており、「劇的な変化。20代までは誰も信じないと誓っていた私が人と出会う、話すだけでなくて自宅に招くなんて」と驚きを表現するなど、ドラマ同様にアラサーとなったことによる心境の変化が影響しているという。

また、徳永えりも「必見」と語るエンディングのダンスだが、なんと収録時の夏菜はギックリ腰を患いながら挑んだ渾身のダンスなのだとか。このようにドラマからも実際の会話からも心地よい仲の良さが伝わり見どころたっぷりな「デイジー・ラック」この春を席巻することは間違いない。


この記事の画像一覧