真野恵里菜 月額39,800円ローンで買いたいものとは?

Girls 公開日:2018/03/23 73
この記事を
クリップ
}/

2013年にハロー!プロジェクトを卒業してからは女優としての振り切った演技力と、体当たりで挑むその姿勢が高く評価され、話題作への出演が続く女優・真野恵里菜

3月9日からは野島伸司脚本の異色ドラマ、dTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」にて主演を務めるとあり、その意気込みと心境を語ってもらった。





―真野さんにとって「彼氏をローンで買いました」は、舞台「ウサニ」以来となる社会性豊かな野島伸司さんの作品ですが、初めてストーリーに触れた時の感想を聞かせてください。

真野恵里菜
タイトルの衝撃が凄かったので、恋愛に恵まれない女の子がたどり着いた先が彼氏をローンで買うというお話なのかなと思ったんですけど、実際読んだら本命彼氏がいて、夢も抱いているのにその過程でストレスを抱えてしまい、ストレスのはけ口として本音をぶつけられる彼氏をローンで買うということだったんです。なかなか複雑だなと思いましたが、興味を持ちました。買ったはいいけどどうするの?って(笑)

―そこ現実的ですね(笑)確かに管理が大変かもしれませんよね。

真野恵里菜
野島さんの作品なので、今回も多様な人間の愛などが描かれていながらも、ポップな仕上がりになっているんです。そこに現代の恋愛事情や草食系男子とかイクメンとか盛り込まれていて、笑いながら見ていると、ふいにハッとさせられるというか。見ている人の置かれている状況によって、響く言葉も違ってくるんだろうなと思いました。

―見る人によって響く言葉が違うというフレーズがありましたが、真野さんに響く言葉は何でしたか?

真野恵里菜
主人公の多恵と同じで、私は結婚生活に凄く夢と希望を持っていたんですが、憧れの先輩である麗華さん(長谷川京子)から「旦那が家にいてもイライラするし、いなくてもイライラする」っていうセリフがあって、えっ?結婚ってそういうものなの?私はまだ夢を抱いていたいって。他にも「恋は持って4年よ」なんて言われたり。野島さんに夢がどんどん砕かれていく感じですね。

―今回は強烈な2面性を持つ主人公多恵への挑戦となるわけですが、役作りで心がけたポイントがあれば教えてください。

真野恵里菜
意外と切り替えは難しくなかったです。素の部分というか言いたいことをバーっと言っちゃうジュン(横浜流星)と一緒にいる多恵の方は自分に近いですし、本命彼氏(淵上泰史)といる多恵にも、こういう彼氏といたら嫌われたくないから猫かぶっちゃうんだろうなと思えますし。相手役のみなさんのおかげで思うままの自分でいられる。すんなり役に入れています。

―主人公には共感できる部分が多かったという印象ですか?

真野恵里菜
逆に多恵みたいになりたいって思います。夢に向かって突っ走って、壁にぶち当たって、派手に転んでまた立ち上がってという奮闘が可愛らしいなって。

―配役もバッチリと行った感じですが、現場の雰囲気なんかはいかがですか?

真野恵里菜
明るいですね。和気あいあいとしてます。ピリピリしてないの?と思われる方もいらっしゃるようですが、スタッフの女の子たちと「今何食べたい~」みたいな話題で盛り上がったりしてます。みんなで一緒にお弁当も食べてますし。

―ブログには「久しぶりに毎日朝から晩まで芝居漬け」とありますが、何でリフレッシュされていますか?

真野恵里菜
事前に休みがわかっていると、友達とウィンドウショッピングに出かけて、ランチを食べに行ったり、甘いもの食べて充電完了ですね!

―完全なる“女子”ですね!そんな真野さんがもし、月額39,800円でローンを組むとしたら、何を買いたいですか?

真野恵里菜
現実的に考えたら車ですね。

―ホントに現実的じゃないですか!

真野恵里菜
車が好きなんですよ。去年も車が欲しくて試乗にまで行ったんですけど、待てよ?もうちょっと余裕が出てきてからじゃないと…。ローンを組むのが怖いなってなってしまって。

―現実的な上に堅実ですね!

真野恵里菜
このお仕事してると、いつ仕事がなくなるかもわからないし、次の仕事がまだ決まってないとかもあったりするので、1年間の仕事量が見えないのでローンは組めないなと。しばらくはレンタカーで我慢しようと(笑)

―真野さんほどの実力がればお仕事の不安は無いように感じます。それでは最後になりますが、今回主演を務める「彼氏をローンで買いました」真野さんイチオシの見どころを教えてください。

真野恵里菜
リアルな女心がふんだんに入っているので、女子は「わかるわかる!」ってなると思うんですけど、男性は「女の子ってめんどくさ~い!」ってなっちゃうかもしれない。だけど女子たちは、日々うまくいくためにはどうしたらいいかっていうゴールのない会話をして、また頑張ろうって思ってます。そして怒ったり泣いたり笑ったり色んな感情も豊かなので、それをめんどくさいと思わずに「可愛らしいな」って他人事みたいに見てもらえたら良いなと思います(笑)

―ありがとうございました!

猫かぶりとは対象的なほどに現実的な一面、そして“女子”としての無邪気で愛くるしい素顔が印象的な真野恵里菜が、猫かぶりキャラで挑むdTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」。これは彼女の持つ潜在能力を新たに開花させる野心作となるに違いない。

この記事の画像一覧

関連タグ