内田理央 この春いちばんピュアな恋愛ドラマ「おっさんずラブ」に出演決定

Girls 公開日:2018/03/09 63
この記事を
クリップ
}/

女好きだけどモテない33歳のおっさん主人公・春田創一(田中圭)が突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)に告白されることから始まる、この春いちばんピュアな恋愛ドラマ「おっさんずラブ」に、内田理央が出演することが決定した。





情報解禁からわずか4日で、ツイッタ―のフォロワー数が1万人を突破している同作品は、これまでの常識や価値観を覆す“新感覚・純愛ラブコメディー”として注目を集めている。

内田は、現在独身・彼氏ナシで、上昇志向が強く、竹を割ったような性格で、春田と年の差の幼馴の荒井ちずを演じる。

内田理央コメント~
台本を読んで、萌えに萌えてしまいました! 「こんなにもキュンキュンするものか!」と、自分でもビックリしました。とにかくもう、吉田鋼太郎さん演じる黒澤部長がかわいすぎて…。こんな作品を私は待っていたのかもしれません! 今回は本当に新しいタイプの恋愛ドラマで、女子は絶対にキュンキュンしちゃうと思いますし、私自身も新たな部分を開発できるかもしれないなって期待は膨らむ一方です。

春田とちずの付かず離れずの関係、ズバズバ物を言うカッコいいちずにも、すごく共感しちゃいました。春田を演じる田中圭さんとは初めて一緒のシーンでお芝居させていただきますが、幼馴染感を出せるよう頑張ります。あと、もうひとつ楽しみなのが、目のお芝居。1月期のドラマでは前髪で目が隠れていて、相手の目すら見えないので、想像力で演じる部分も多々あるのですが、今回はやっと相手の顔と光が見える(笑)! 目での会話を思いっきり楽しみたいです。

現在放送中の月9「海月姫」では、前髪で目が常に隠れ、いきなり奇声を上げたり、おかしなポーズを取るなど、強烈なキャラクターを演じている内田だが、その振り切った演技には多くの反響が寄せられ、高く評価されている。内田本人も、海月姫の“まやや”と同様に独特の世界観を持っており、自身のファンクラブ「だーりお共和国」の国民(会員数)は増加中だという。4月からスタートする「おっさんずラブ」では、どんな演技を魅せてくれるのか。内田自身も楽しみにしているという「目のお芝居」に、期待せずにはいられない。

この記事の画像一覧

関連タグ