佐藤健 土屋太鳳を迫真の演技で抱き寄せる撮影裏側を公開

Girls 公開日:2017/12/22 16
この記事を
クリップ
}/

結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎―。「YouTube」に投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月には書籍化された、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化した「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が12月16日より大ヒット上映中。





激混の冬興行の中、本作は全国公開から2日間で興行収入2.6億円を突破し、週末の興行収入ランキングでも邦画実写作品で第1位の大ヒットスタートを切った。ノベライズ版、コミカライズ版の発行部数は、原作ノンフィクション版とあわせて42万部を突破するなど、各メディアを巻き込んで話題沸騰中だ。

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、今最も注目を浴びるスリーピース・バンド、back numberが主題歌を担当。これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぐ。

この度、本作のメイキング動画が解禁された。この度解禁されたのは麻衣が、尚志と麻衣2人の思い出を辿るため、尚志のアパートに行くシーン。今までの土屋のイメージとは違った表情、そして体を張った演技からは凄まじさを感じ、瀬々監督も演技指導に力が入っている様子。佐藤の熱演も光り、色々な思いを抱えた尚志が、倒れ込んだ麻衣を抱き寄せる姿は涙を誘う。イベントや舞台挨拶で、現場でのお互いへの信頼の強さを話してきた佐藤と土屋。その2人の想いがこもったシーンとなっている。

SNSでは「今まで見た映画で一番泣いた!」、「最初っから最後まで感動しすぎて涙でっぱなし」など感動の声が広がっている、この冬一番の感動作を劇場で是非お見逃しなく。



©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

この記事の画像一覧