E-girlsのツインタワー楓&佐藤晴美が揃って写真集 水着やランジェリー姿も

Girls 公開日:2017/08/30 18
この記事を
クリップ
}/

E-girlsのメンバーで「CanCam」専属モデルのと、「Ray」専属モデルの佐藤晴美の初写真集が同時発売され、発売を記念した合同イベントを東京・渋谷の「HMV&BOOKS TOKYO」にて開催した。





写真集 ねぇ、聞いて!!』(小学館)と『ハルミイロ』(主婦の友社)のグラビアは、ともに二人の憧れの地だったと言うロサンゼルスで撮り下ろし。は「もしもがLAガールだったら?」をテーマにミニドレス姿から人生初の水着カットがおさめられ、晴美は「ダンス」をテーマに、水着撮影以外にセクシーなランジェリー姿も大胆に披露している。グループ内で高身長ゆえに“ツインタワー”と呼ばれる仲良し二人のコラボシューティング、今の自分について語ったロングインタビューなどを収録し、どちらの本もそれぞれの魅力を目一杯つめた一冊となっている。

「CanCam」「Ray」と別々のファッション誌で活躍する2人が、それぞれの出版社から発売される写真集で合同コラボ企画を開催するのは異例のこと。イベント前の会見で、このことについて聞かれると晴美は、「『Ray』も、『CanCam』も、ツインタワーとしても新しいことにチャレンジできて、すごく感動しました」とニッコリ笑顔。も「2人で一緒に写真集を出して、しかもお互いの写真集に出ることで、ファンのみなさんも喜んでいただける一冊に仕上がったと思います」と大きくアピールした。

また、は“人生初”という水着撮影について「中学生の授業以来、プライベートでも水着を着たことがなかったんです」と告白。「だから正直言うと、最初、水着を着るのは嫌だったんですよ(笑)。でも、せっかく最初の写真集なので今までやったことなかったことに挑戦したいと思ってがんばりました」と明かした。そんなの水着写真を見た晴美が「普段のちゃんは周りの人を自然に笑顔にしちゃうようなピュアなコ。今回、心から楽しんで水遊びをして遊んでいる姿が可愛くて、キュンキュンしました!」とほめると、は照れながらも喜んでいた。水着だけでなくランジェリー姿も披露した晴美の写真に対しては「いつもと全然、違いました」と、。「いつもおっとりして、元気なキャラクターなのに写真集の中の晴美は大人の色気が出ていてドキッとしました」と語った。

会見では2人のお気に入りの一枚も披露。水着写真を選んだ晴美は「セクシーさと、光が反射する水がさわやかさが相まって、お気に入りの写真です」と目をキラキラして話すと、は「ランチでピザやフルーツを食べてるとき、カメラマンさんが撮ってくれた写真。ふとした表情を切り取った等身大の表情がとても好きな写真です」と胸を張った。

もちろん、メンバーにも報告したという2人。E-girlsだけでなくHappinessのメンバーとしても活躍するは「Happinessのメンバーには昨日、メッセージを書いて写真集を渡したんですよ。そしたらみんな可愛いと言ってくれて。ただメンバーでさえ、水着のところは恥ずかしくて見られなかったみたいです」と笑顔。Flowerの一員でもある晴美も「すでにネット書店で写真集を予約してくれたメンバーもいて、すごくうれしかったです」と明かした。

「写真集のライバル同士ではなくて、お互いの本が盛り上がることで、ツインタワーの盛り上がりにつながっていくというのが二人の共通認識です」と、終始、笑顔でお互いの写真集をほめあい、会見は和気あいあいとしたまま幕を閉じた。