ドワンゴジェイピーnewsサービス終了のお知らせ

関水渚『チェンソーマン』好きを集英社にアピール、「実写化があったら私やりたい」

芸能総合 公開日:2023/03/04 10
この記事を
クリップ

女優の関水渚が4日、都内にて開催された自身の写真集『なぎさ日和』(集英社)の発売記念イベントに出席。報道陣の囲み取材に応じた。


本作は、関水と共に長崎を旅するように撮影されたロードムービーのような写真集。自然あふれる風景や趣のある市街を舞台に、長崎ならではのシチュエーションで収められた等身大のカットが満載となっている。


撮影の感想を聞かれた関水は「(カメラマンの)三瓶(康友)さんのお人柄とか写真の技術とか色々あると思うんですけど、本当に一緒に撮影させていただいて、すごく自然体でいられて、完成したものを見てみたら、私ってこんな顔してるんだ、みたいな瞬間をいっぱい撮ってくださっていて。自分でも知らなかった自分みたいなものをいっぱい知れて、自分で見てもわくわくするものを作っていただいたなと思いました」とコメント。




今作が3年ぶりの写真集ということで、前作との違いを聞かれると「表情のバリエーションが増えたかな」と語り、「3年間で自分の中にも感情のストックが増えて、それが写真に現れたんじゃないかなと思います」と俳優業を通して表現の幅が広がったことを明かした。


次回作にも期待がかかると、「次は(出身地の)神奈川がいいですね。地元の美しいものと撮影して、みんなにも発信できれば」とにっこり。「湘南が私の名前の由来でもあるので、どこか一箇所に絞るなら湘南ですかね」と思いを馳せた。


今回の撮影で初めて行ったという長崎で、おいしかった食べ物を振り返っていた関水。体型維持のために食事制限は行わなかったのかと尋ねられると「お酒とかは飲まなかったです。多少飲んだんですけど、食べて、夜すごいお風呂に入りました(笑)。大量のお水を飲んですごい熱いお湯に入って、むくみというむくみを取ってから撮影しました」と振り返った。


俳優としての今後の目標はという質問には「いっぱいあります!」と笑顔。以前に見た大地真央の芝居に感動したことがあるそうで「大地さんのお芝居が本当に素晴らしくて、心震わされちゃって。本当に大スターってこういうことなんだなと身にしみて感じて。もともと憧れの女優さんだったので、それからは大地さんの動画を勝手に見てニヤニヤして、またお会いしたいなと思っています」と目を輝かせた。


さらに「集英社の方がいらっしゃるので大きい声で言おうかな(笑)。『チェンソーマン』が大好きで、実写化があったら私やりたいなと思っていますね」とアピール。「何役かは言って狭まっちゃうと嫌なので推しキャラで言うと、推しはパワーちゃんです」と楽しそうに話していた。


写真集カット:©三瓶康友/集英社 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 28件)

関連タグ

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント