サッカー少年の「芹沢瞬」が、大人気YouTuber「せりしゅん」へ。それはまるでマンガのようなシンデレラボーイストーリー | VAZらせ講座

公開日:2022/12/07 6 smart
この記事を
クリップ

大手YouTuber事務所であるVAZとの連載インタビュー企画【VAZによるVAZらせ講座】。第3回は、以前にsmart本誌にも何度か出演してくれたせりしゅんさん。サッカー漬けの日々を送っていたスポーツ少年が一転、華やかな業界へと足を踏み入れることになったきっかけとは!?身近な存在として親しみやすい彼だからこそ、動画制作、そしてYouTuberとしてのリアルが伝わるはずです。

サッカーに打ち込んだ学生生活。
正直な話、
SNSにはあまり興味がなかった

――まずはこの世界に入る前のせりしゅんさんについてお伺いします。

せりしゅん 僕は地元がサッカーが盛んな静岡ということもあるのと、二個上のお兄ちゃんの影響もあって小学校1〜2年生からサッカーを始めました。そこからはほとんどがサッカー中心の生活で、中学ではクラブチームに所属していました。結構ガチでやっていたんですよね、いわゆるサッカー少年って感じで。小中学校の頃は本気でプロのサッカー選手を目指していました。ただ、高校に入って2年生のときかな……新チームになりたてで、いざこれからってときに前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)の怪我をしてしまって。そこでサッカーの夢は諦めることになりました。

――そうだったんですね。サッカー中心の生活だったということと、現在の明るく接しやすいキャラクターを考えると、学校でもかなりの人気者だったのでは?

せりしゅん あ〜まぁそうかも(笑)。中心グループにはいましたし、その中で盛り上げる役ではありましたね。ただ生活の中心はサッカーだったんで、勉強はイマイチでしたし苦手でしたね(苦笑)。それでも高校のサッカー部では「赤点取ったら坊主頭」っていう鬼畜(きちく)なルールがあったので、必死に勉強しました。なんか頑張りすぎちゃって、結果ずっと上位にいましたけど(笑)。

――今でもいろんな人の輪の中で楽しく活動しているように見えますが、昔からあまり人見知りはしないタイプだったんですか?

せりしゅん そうですね。当時はお兄ちゃんがいたことが大きかったかもしれないです。お兄ちゃんの友達とも遊んでもらったりしていたので、その影響であまり自分から人に壁を作らないようになったのかもしれません。同級生にはクラスや部活で楽しんでほしい気持ちはずっとあったし、あまり人見知りしたり、人と接することが苦手だった記憶はありませんね。そこは今でも大きくは変わりません。自分からは絶対壁を作らないですね。ただ、相手に壁を感じて「そっか、残念」って諦めるというか、察して深く立ち入らないようにはなったと思います。

――さまざまな人と良好な関係を築いてきた学生時代。当時すでに色々なSNSが身の回りにあったと思いますが、積極的に使っていたんですか?

せりしゅん 確かに僕らの世代はスマホが当たり前でSNSもみんなやっていましたね。僕も当時からTwitterとInstagramはやっていましたけど、Vine(ヴァイン※)とかは知らなくて。自分の顔を載せることもほとんどありませんでしたね。朝から晩までサッカー漬けだったし、最優先だったので、合間にちょこっと見るとかそれくらいでした。今となっては考えられないですけどね(笑)。

※……かつて運営されていたショート形式の動画共有サービス。 ユーザーは6秒間ループ再生されるビデオクリップを共有することができる。

漠然と抱いていた
華やかな世界への憧れが
大学進学を機に現実に

――その後、大学へと進学しますが、次第に変化が訪れるわけですね。

せりしゅん 大学に行こうと思ったのは、サッカーの夢を諦めてからどうしようかと考えたときに、“子供が好き”だったので保育士や学校の先生を目指そうと。でも、実際に大学に入っていざ教職を取ろうと思ったんですが……教職の授業って、普通の授業が終わった後にあるんです。1年生だと特に時間が空いちゃうので、「来年取ろう」って先延ばしになって。その頃からちょうどサロンモデルをやらせていただくようになって、SNSも一気に活用するようになりました。その結果、静岡ではフォロワーの多い存在になっていましたね。

――TikTokで一気に知名度が上がったのもその頃でしょうか?

せりしゅん ですね。ちょうどTikTokがスタートした頃で「大学生の一日」みたいな投稿を上げたら一気にバズって。「第一回TikTokerバトル」ではファッション部門で優勝できたんです。それくらいから、それまで漠然と「キラキラしていていいなぁ」と思っていた華やかな世界が近い存在になったように思えて。大きな岐路になったのはやっぱりミスターコン(ミスターサークルコンテスト2017-2018)ですね。そのときにはTikTokで35,000人ほどフォロワーさんがいて、皆さんのおかげで準グランプリになることができたと思っています。

――準グランプリを獲得してからVAZへと入ることになりますが、他の芸能への道などは考えなかったんですか?

せりしゅん 正直な話、芸能事務所からもお声がけはいただきました。ただ、そのときって僕は大学4年生で「あと半年で卒業できる!」っていうタイミングだったんですが、その事務所はすぐに上京することが条件だったのもあってお断りしました。あとは年齢もありましたね。演技なども興味がありましたが、当時すでに21歳。やっぱり若い頃から経験してきた人たちにはなかなか勝負できないと思う部分もあって……。

――VAZに入ろうと思った決め手は何だったんでしょうか?

せりしゅん まずは卒業までの半年間、上京や活動を待ってくれるということ。あとは他事務所だとNGだった、僕が続けたかったSNSを「一緒に伸ばしていこう!」って言ってくれたことですね。それと、仲のいい友達に相談したんですよ。正直、その頃はYouTuberとか全然知らなかったので(苦笑)。そうしたら、「VAZってスゴいところだよ」と熱弁されまして(笑)。そんな友人の後押しもあって、入ることを決意しました。

――VAZに入ってからはすんなりと?

せりしゅん いやぁ、それが全然(笑)。最初の目標がYouTubeのチャンネル登録者数10万人だったんですが、なかなか伸びずで。海河(馬場海河さん)なんてすぐにクリアしちゃってましたけど(笑)。それを横目に半年くらいは苦労していましたね。それでも先輩のテオくん(スカイピース)が仲良くしてくれて、フットサルとかの仲間に入れてくれて。そこでいろんな先輩方に良くしてもらえて、ファンの方々にも知ってもらえるようになって。ジュキヤのカメラマンとして手伝ったり、ほぼ毎日事務所にいてねおちゃんの動画にちょろっと参加してみたり、テオくんちで寝ている姿が映り込んだり……。自分のファンの方々からも、周りのみんなのファンの方々からも応援してもらえるようになって、ようやく10万人を達成することができました。

(インタビュー後編に続く)

Profile/せりしゅん
本名は芹沢瞬(せりざわ・しゅん)。1997年2月8日生まれ、静岡県出身。VAZ所属クリエイター。SNSの総フォロワー数は100万人を超える。大学統一ミスターコンテストで準優勝した甘いマスクが特徴。人懐っこい笑顔と抜群のトーク力で、10代20代を中心に人気を獲得。近年はYouTube以外にも俳優・声優・モデルなどの活躍の場を広げており、自身でプロデュースするファッションブランドにも多くの注目を集めている。同ブランドの商品はZOZOTOWNにて販売中。ZOZOTOWNにてせりしゅんで検索を。
せりしゅん公式YouTubeチャンネル【せりしゅん】
せりしゅん公式Twitter
せりしゅん公式Instagram

YouTuber事務所・VAZとは?


2015年設立の老舗インフルエンサープロダクション。SNSで活躍するインフルエンサーのマネジメントとして、SNS活動のサポートや、テレビ・映画・誌面等へのプロモートを行う。インフルエンサー希望、モデル・俳優・タレントへの展開を見据えた育成など、新人開発もおこなっている。
所属タレント:星乃夢奈(ゆな)、ぷろたん、コスメヲタちゃんねるサラ ほか

写真=大村聡志
インタビュー&文=小林大甫

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント