ディーン・フジオカ、高校時代は新宿・大久保近辺をあてもなく散歩“挑戦の人生”のルーツ語る

芸能総合 公開日:2022/12/08 18
この記事を
クリップ

FWD生命保険株式会社(以下、FWD生命)は、ブランドスローガンである「Celebrate living(人生を讃えよう。)」を体現し、アジアから世界へと活躍の場を広げるミュージシャン/俳優のディーン・フジオカをアンバサダーに起用。就任を記念し、ディーン・フジオカ出演の新CM『LIFE 4KEY LOCATIONS』を2022年12月8日(木)より、FWD生命の公式サイトとYouTubeにて公開する。



<ディーン・フジオカの起用背景>
FWD生命は、1996年8月の創業以来、常に顧客の視点で考え、シンプルでわかりやすく独自性豊かな商品・サービスを提供し、顧客の人生や挑戦をサポートする存在であるために、ブランドスローガンとして「Celebrate living(人生を讃えよう。)」を掲げている。そのため、香港にて俳優活動をスタートし現在も世界で活躍され、ミュージシャン、映画プロデューサー、モデルなど、さまざまな分野に挑戦されているディーン・フジオカの姿が「Celebrate living(人生を讃えよう。)」を体現していると考え、FWD生命のアンバサダーに起用した。


<自らの言葉で、家族への愛や今までの「挑戦の人生」を振り返り未来への想いを語る姿に注目>
新CM『LIFE 4KEY LOCATIONS』の見どころは「自分の言葉で、人生を紐解いていくディーン・フジオカの姿」だ。ディーンの「挑戦の人生」のルーツを、新宿を中心としたゆかりある計4か所の撮影地にてインタビュー形式で描いている。


【画像】CM場面カット 全部見る


本CMは、雑居ビルに挟まれた新宿の駐車場からスタート。ディーンが「高校の時はあてもなく、プラプラ散歩して。社会見学みたいな感じで」と、当時の心境を懐かしみ、過去を思い起こすように語り始める。これから挑戦したいことについては、「感動というものを生み出し続けられたらいいなと思いますし、家族を養っていくということができるんだったら、有意義な人生だったと思えるのかなという」とコメント。自らの言葉で、家族への愛や、今までの人生を振り返り未来への想いを語る姿から、自身の信念を大切にしてきた人生と今も挑戦をし続ける前向きな一面を見ることができる。



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント