ロサリオ恵奈 ボディコンでダイナマイトボディ露わ、初カレンダーに歓喜

芸能総合 公開日:2022/11/23 13
この記事を
クリップ

2020年に開催されたグラビアアイドルオーディション『グラビアネクスト2020』で準グランプリを受賞しデビューしたロサリオ恵奈が23日、都内で「2023年カレンダー」(わくわく製作所)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


初めてカレンダーをリリースしたロサリオは「どれもお気に入りのショットばかりで嬉しいです。ありがたいですね」と笑顔を見せ、撮影は今夏に都内で行われたそうで「グラビア撮影はスタッフの方たちとワイワイとやらせていただいているので楽しかったですね。撮影のコンセプトなどはなかったんですけど、衣装さんが私にあった衣装を準備してくださって、表紙を見ても伝わると思うんですけど、南米とのハーフなので、それっぽくなっていると思いますし、シンプルな衣装ばかりだったので、自分をそのまま出せたんじゃないかなと思います」と紹介した。



お気に入りには9・10月のカットを挙げ「衣装(チューブトップ水着)がシルバーというのが好きなのと、基本的に三角ビキニが好きなんですが、これだけ三角ビキニじゃなくて、でも自分らしいなって思います。あとは10月が誕生月なんですけど、写真写りも含めて全体的にお気に入りです」とアピールし、1・2月のデニム柄の水着を着たカットも好きだそうで「私、デニムが好きで普段からよく穿くんですけど、私の好みをよくわかってくれているなって思ったのと、なかなかお団子(ヘア)はしないので、お団子したことも表情とかも含めて好きですね」と声を弾ませた。


また、同カレンダーを購入した人はどこに飾ってほしいか尋ねられると「1人暮らしの方ならリビングでもいいと思うんですけど、トイレに飾ると言っていた人もいました。好きなところに飾っていただければと思います」とコメント。妹であるモラレスきあらの反応を聞かれると「妹は見ていないと思います。あまり私に興味がないみたいです。私は(妹に)興味があるんですけどね(笑)」と苦笑した。


2022年はどんな1年だったか聞かれると「グラビアを始めたのが去年の冬だったので、初めて夏に撮影することができました。(自身の)イメージ的にも夏のイメージがあるみたいだったので、ちゃんと夏に撮影できたりしたので思い出に残っています」と回顧し、漢字1文字で表現するようお願いされると「“美”ですね。今年1年、気を使ってきたのが体型維持だったり、衣装とかでも自分がきれいに見えるようなものを選んだりしてきたので、全体的に見ると美を意識して1年過ごしてきたのかなと思いました」と答えた。


そして、2023年の抱負については「今、少しグラビアから離れてバラエティとかで活動させていただいているんですけど、最近は趣味でグルメとかゴルフとかやったりするので、趣味を生かしてお仕事ができたらなと思っています」と目を輝かせ、「グルメだったらおいしいところに行ったらインスタにアップして感想を書いたりしているんですけど、それを生かしてお仕事が入ったらなと思ったり、アジアの方のファンも多いので、世界に向けて日本の料理のおいしさを広めていけたらなと思います。ゴルフは(ベスト)110とかですが、100切りを目標にしています」と意気込んだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)