伊藤万理華、パルコ展覧会三部作の最終章開催 『LIKEA』の世界観を立体的に表現

芸能総合 公開日:2022/11/17 5
この記事を
クリップ

伊藤万理華と10組のクリエイター達が「今の自分」を創作。時代のアイコン「伊藤万理華」の展覧会三部作最終章『MARIKA ITO LIKE A EXHIBITION LIKEA』が開催される。




乃木坂46卒業から5年。2017年「伊藤万理華の脳内博覧会」、2020年「伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”」に続く、伊藤万理華による展覧会三部作の最終章『MARIKA ITO LIKE A EXHIBITION LIKEA』。


本展覧会は、伊藤万理華と今をときめく10組のクリエーター達が創作した書籍『LIKEA』を軸とし、そこから着想を得てさらに発展させた展示が展開される。CEKAIの福田哲丸が空間設計を担当し、劇作家根本宗子が書籍『LIKEA』に寄稿した脚本をもとにしたラジオドラマのインスタレーション、アーティストNAZEと生花アーティストのアレキサンダージュリアン、A.N.D.西山藍と伊藤万理華本人とのコラボレーションによる美術演出など、書籍『LIKEA』の世界観を立体的に表現する展示となる。


会場では書籍『LIKEA』を先行販売。また『LIKEA』オリジナルグッズをはじめ、アパレルブランド「BODYSONG.」とのコラボアイテムなど、展覧会の開催を記念したグッズも多数販売予定。開催終了後は全国各地での巡回開催も予定されている。


■『MARIKA ITO LIKE A EXHIBITION LIKEA』

2022年12月2日(金)~12月19日(月)

会場:渋谷PARCO B1F 「GALLERY X BY PARCO」

©LIKE A EXHIBITION LIKEA


※本記事は掲載時点の情報です。