京本大我、6色の“SixTONESカラー”ファッションで『anan』2度目のソロ表紙に登場

芸能総合 公開日:2022/11/14 1
この記事を
クリップ

SixTONES京本大我が、11月22日(火)発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙に登場する。


音楽番組からバラエティまで多岐にわたる活躍をみせる SixTONES から、京本大我が anan ソロ表紙としては 2 度目の登場。個人の活動でも、俳優、アーティストとして活躍の幅を広げられている京本。特に今年は、主演ミュージカル『流星の音色』で音楽も担当、現在放送中のドラマ『束の間の一花』で連続ドラマ単独初主演...と、多彩な活躍に注目が集まった。そんな京本が anan ソロ表紙を飾るのは、2022年8月3日発売の2310号ぶり、約3 か月で異例のスピードで再登場となった。京本本人も「まさかこのタイミングで 2 回目の表紙を飾れるなんてびっくりしましたが、とても光栄です!今回は、より一層“anan”を意識して撮影に挑めたと思います」と語っている。前回とは打って変わって、ポップでファッショナブルな世界で、艶っぽく魅せる京本の姿を楽しみにしていただきたい。


今回の特集は、「しいたけ.カラー心理学 2023 カラーの魔法」特集。特集にちなみ、今回のグラビアは“めくるめく 6 色の最旬ファッション”をテーマに、赤、青、黒、緑、黄、そしてピンク...という 6 つの色をキーにした最新コーディネートで撮影。カラーごとに異なる京本の様々な魅力を表現。「赤」ではジャケットスタイルで情熱的に、「青」ではグローブを手に軽やかなポージングを披露。表紙にも起用され、今年のトレンドカラーでもある「緑」では、パンチのあるファーコートを使ったレイヤードコーディネートにトライ。SixTONES のコンサートでもお馴染みのファーコートを着用した京本は、妖艶な眼差しをカメラの方に向け、ライブさながらの艶やかで誘惑的なポージングを披露した。さらにクールで大人な魅力全開の「黒」、明るくハッピーな「黄」、キュートでリラックスムードの漂う「ピンク」など、全ての色を自分の魅力にして、モードに瑞々しく表現。纏うオーラさえも次々と変わる、京本の 6 変化は必見。


インタビューでは、カラーを切り口に、京本の自己分析や普段考えていることなどを直撃。自分を色に表すと何色か、メンバーカラーについて、京本から見た他のメンバーのカラーの印象など幅広く聞いた。京本らしさが溢れる、今後の活躍への意気込みも要チェックしてみていただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。