Travis Japan 山田涼介の“嘘”にザワつく 世界デビューはLINEで「おめでとう」

芸能総合 公開日:2022/11/12 17
この記事を
クリップ

女性誌『anan(アンアン)』(マガジンハウス)が「時代を象徴するスター」を選出する「anan AWARD 2022」の授賞式が12日、都内で行われ、山田涼介Hey! Say! JUMP)が大賞を獲得。また、チャレンジ部門はTravis Japanが受賞した。




2020年に新設された「anan AWARD」。受賞者には「時代を象徴するスター」=“時代の顔”として、同誌のマスコットであるアンアンパンダにちなみ“金のパンダ”を贈呈している。


金のパンダを受け取った山田は笑顔を浮かべ、「明後日Hey! Say! JUMPの15周年で今年は自分にとって20代最後の年になる。その記念すべき年に名誉ある賞をいただけてうれしい。これからもたくさんのエンタメを楽しんでいただけるよう日々努力したい」と語った。


今年は映画3本ドラマ2本に出演。アイドル活動とあわせて多忙な日々を送っている。「本当に充実していた。いまやらせてもらっているドラマはツアーとも重なっていて、心身ともに辛くなるけど、テレビ越しに待っている人がいると思うと楽しんでもらいたいと感じる。エンターテイメントとして、これからも俳優業も頑張っていきたい」と気持ちを新たにした。


グループ15周年については「早かった。振り返って色んなことがあった」と回想。「我々は若くしてデビューしたので29歳でデビュー15年です。これもみなさんが応援してくれたおかげ。まだまだこれから。20年、25年、30年もグループのみんなと過ごせるように応援してください」とした。また、メンバーにかけたい言葉は?との質問には「旨い酒、飲もうな!」と答え、「仲がいいのでかける言葉はない(笑)」と仲睦まじい様子をうかがわせた。


山田は「目標や夢をたてないタイプ。そのときにやりたいと思ったことを瞬時にやれる人間でいたい」と話しつつも、「もし大きなことを言うのであれば、グループで国立(競技場)で(ライブを)やってみたいです、いつか」と掲げた。「みなさまに飽きられない人間になるように、いつ見ても山田涼介って新しいことにチャレンジしているよねと思われる人間になりたい。これからも山田涼介に、そしてHey! Say! JUMPについてきてください」とファンにメッセージを送った。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント