高橋海人、デビューから5年目迎えたグループへの思い「King & Princeには嘘がない」

芸能総合 公開日:2022/11/11 3
この記事を
クリップ

11月14日発売の『AERA』11月21日号の表紙にはKing & Prince高橋海人が登場。単独初主演ドラマ『ボーイフレンド降臨!』に出演中の高橋が、演じることへの思いやグループへの思いをたっぷり語っている。羽生結弦のプロとして初のアイスショー「プロローグ」についても徹底レポート。笑顔、緊迫、汗、氷の飛び散りを捉えた14枚の写真は圧巻だ。


【関連】King & Prince 高橋海人「よくかわいいって言われる」最近色気が出てきた理由は?



<表紙&インタビュー:King & Prince高橋海人>
先日、衝撃の報告を行ったKing & Prince。本誌の高橋への取材は、その発表の前に行われた。役者として重要な役に次々と挑戦している高橋。「演技はその役が生きていなければいけないのが難しい」「どうしたら愛しいと思ってもらえるか試行錯誤している」と語る。話は、グループへの思いやこれからについても及んだ。デビューから5年目を迎えたグループについて、「メンバーは4年前よりみんな素になっていると思います。King & Princeには嘘がない」と語る。そして「一つ一つを頑張っている5人が、歴史を重ねた先に、幸せになっていたら最高だなと思います」とこれからへの思いを語っている。表紙、グラビアの撮影はもちろん蜷川実花。高橋の深いまなざしが印象的な写真の数々、注目だ。


<羽生結弦「プロローグ」>
横浜で開催された、羽生結弦のプロ初のアイスショー「プロローグ」。スケート人生第2幕の序章には、羽生のスケートへの思い、これまでの軌跡が詰め込まれている。多彩な衣装やプロジェクションマッピングを駆使した演出、トークで楽しませるのはプロならでは。熱気と感動がつまったショーの様子を誌面で伝える。「今できることを目いっぱいやって、フィギュアスケートの限界を超えていけるようにしたい」と語る羽生の「今」に迫る。

 

松下洸平 じゅうにんといろ>
千鳥ノブをゲストに迎えた最終回。大爆笑に包まれた二人の対談も今回が読み納めだ。それぞれに歩んできた道を振り返りながら、「仕事を長く続けるために大切なこと」について語り合う。最後には、対談を通して松下が感じたゲストの存在感を「色」に例える。ノブについて「全体をまとっているエネルギーはとても明るくあたたかい」と感じる松下が選んだ色とはなんだろうか。誌面で確かめてみては。



■AERA(アエラ)2022年11月21日号
【発売日】2022年11月14日(月曜日)
【定価】440円(本体400円+税10%)


※高橋海人の「高」の字の正式表記は「はしごだか」

※本記事は掲載時点の情報です。