“儚い”グラビアと共に聞く京本大我の人生美学 SixTONESの未公開全ペアSHOTも掲載

芸能総合 公開日:2022/11/02 2
この記事を
クリップ

週刊ザテレビジョン』(KADOKAWA)11月2日(水)発売号は、ドラマ『束の間の一花』で余命宣告を受けた哲学講師役を演じる京本大我が表紙で登場。11月2日に8thシングルをリリースするSixTONESの未公開全ペアSHOTも掲載。また話題のドラマ『silent』のプロデューサー&脚本家コメント付き深掘り特集も必見。


【関連】京本大我&藤原さくら『束の間の一花』ふたりは水族館で再び会うことに



『週刊ザテレビジョン』最新号は、毎週月曜に放送中のドラマ『束の間の一花』で余命宣告を受けた哲学講師・萬木昭史を演じる京本大我が表紙&中面グラビアに登場。出会いと別れをイメージした“儚い”グラビアと共に、京本自身の人生美学を聞いた。また、11/2に8枚目のシングル『Good Luck!/ふたり』をリリースするSixTONESの、本誌未公開となる全ペアSHOT集を掲載。各ペアの仲良しエピソードも必読だ。


川口春奈目黒蓮出演の話題のドラマ『silent』を深掘り特集。番組プロデューサー&脚本家のコメント付きで、その人気の理由を探る。また、7 MEN 侍の撮り下ろし“読書の秋”グラビアと単独ライブツアー東京最終公演のリポートをお届け。大阪城西の丸庭園で行われた関西ジャニーズJr.のSPライブリポートも掲載する。さらに、HiHi Jets美 少年、7 MEN 侍、IMPACTorsAぇ! groupジャニーズJr.30人がカメラマンになって、メンバーや自分をアートに撮影する現場フォトコンテストを開催。朝ドラ初出演の山下美月宝塚歌劇団OGの七海ひろき✕瀬戸和也×如月蓮、人気声優の蒼井翔太のグラビア&インタビューを掲載。


そのほか、「KCON 2022 JAPAN」のリポート&TO1インタビュー、LIL LEAGUEの仲良しグラビアなども掲載する。



■『週刊ザテレビジョン』11/11号 
11月2日(水)発売&配信!
【特別定価】480円


※本記事は掲載時点の情報です。